2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジャニーズファンって怖い

1 :ななしじゃにー:02/04/20 19:24 ID:FJ.Arvvg
空港勤務者。
先日V6の出発を見ました。
沢山のファンの方々もいらっしゃいました。
みなさん、騒がず静かで、しかもきちんと整列して、
とても礼儀がよろしかったです。
でも、なんかみなさん無言でゾロゾロ着いていって怖かった。
ある種宗教っぽくて・・・。
そういえば以前嵐が到着のときは、
代表者一人が花束渡して、あとのみんなは並んで無言で見送ってたな。
ファンらしくなくってなんか恐ろしいです。
他のお客さんも何事!?という感じでひいてたし・・・。

2 :ななしじゃにー:02/04/20 19:28 ID:ElN5fiC6
2

3 :うんこ太郎:02/04/20 19:37 ID:BfYcvigY
何かに熱中してる女はたいてい怖いもんだ

4 :ななしじゃにー:02/04/20 19:50 ID:???
だってジャニヲタってこれだものな。怖いっていうかきもい訳だ
聖美がその典型。

●ジャニヲタの性質
・ジャニヲタは他のバンド、アイドル系のファンと比べてきわめて
 特殊な存在
・妄想して「私は剛君の彼女」とか言って、アイドルに本気で恋心を
 抱く
・ファン同士で交換する文書には「剛君に近づいた○○を潰そう」
 とか書かれている、それが1週間もしないうちに全国に広まる
 嫌がらせ方法は剃刀レターなどで殺そうとか考える奴もいる
・アイドルに気に入られたファンは他のジャニヲタによってファンを
 続けていられなくなる
・女優もその被害者で今までジャニタレと共演した多くの女優は
 脅迫状、怪文書を毎日もらっては家族とともにおびえている

●ジャニヲタによるこれまでの被害者一覧
ともさかりえ、武田久美子、三浦理恵子、瀬能あずさ、岩崎恭子、
桜っ子クラブ(特に井上晴美)、中森明菜、中山美穂、
椎名法子、SPEED、モーニング娘(特に後藤真希)、鈴木あみ、
浜崎あゆみ、工藤静香、奥菜恵、榎本加奈子、安達祐実、安室奈美恵、
管野美穂、深田恭子、Z-1(上戸彩)、優香、星野真里etc...

他にもジャニヲタによる被害者
がいたら教えて下さい。被害者一覧に追加します。

5 :ななしじゃにー:02/04/21 02:32 ID:???
   ____
        /∵∴∵∴\
       /∵∴∵∴∵∴\
      /∵∴∴,(・)(・)∴|
      |∵∵/   ○ \|
      |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |∵ |   __|__  | < >>1うるせー馬鹿
       \|   \_/ /  \_______
         \____/

6 :ななしじゃにー:02/04/24 09:52 ID:???
ジャニヲタの恐怖だね

7 :邪ヲタは,:02/04/29 20:53 ID:IZW4J.OU

豚と比較したら豚に失礼です。

8 :かおりん祭り ◆KAORinK6:02/04/29 21:00 ID:???
∋oノハヽo∈ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ^▽^) < 新スレおめでとうございま−す♪
= ⊂   )   \_______
= (__/"(__) トテテテ

9 :ななしじゃにー:02/04/30 11:56 ID:???
事務所崩壊の危機

10 :ななしじゃにー:02/05/03 23:25 ID:???
国分は小波との裁判に負けても、

「それでも、ときめもをやるヤツはモテない・・・ぐはっ(血)」

と遺言し、死ねる男である、そして神となる

11 :でらえもん調査局ヽ(`Д´)ノ:02/05/03 23:35 ID:???
しわしわー
てんてけてんてけ
\(^▽^)/新スレおめー
100式につや消しパピコぬりまくり.りんねおかわり

12 :ななしじゃにー:02/05/04 00:48 ID:???
マジレス・・
誰のヲタでも大して変わんないぞ。

13 :代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/15 01:20 ID:5gzT6qv.
リサイクルで
「ジャニーズバトルロワイアル 2」はじめさせていただきます。

皆さん、sage進行でよろしくおながいしますだ。

14 :代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/15 01:22 ID:5gzT6qv.
前スレ
http://music.2ch.net/test/read.cgi/jan/1011446873/l50

名簿
×は死亡した者
1、相葉雅紀   15、堂本光一
2、稲垣吾郎   16、堂本剛
×、井ノ原快彦  ×、中居正広
×、植草克秀   18、長瀬智也
5、大野智    19、長野博
6、岡田准一   ×、錦織一清
×、香取慎吾   ×、二宮和也
×、木村拓哉   ×、東山紀之
×、草なぎ剛   23、松岡昌宏
10、国分太一  24、松本潤
11、坂本昌行  ×、三宅健
12、桜井翔   26、森田剛
13、城島茂   27、山口達也
×、滝沢秀明

15 :代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/15 01:24 ID:5gzT6qv.
武器

山口達也 「鍋ブタ」「スコップ」
桜井翔  「ボウガン」
森田剛  「ジュニアコルト(18発)」「手斧」「催涙スプレー」
松岡昌宏 「ブレードナイフ」「二宮のトカレフ」
堂本光一 「改造拳銃」
稲垣吾郎 「バルサン」「消火用斧」
松本潤  「フォーク」「草薙の刀」
堂本剛  「庭師の大バサミ」
岡田准一 「手榴弾」「スタンガン」
相葉雅紀 「携帯探知機」
坂本昌行 「ジャックナイフ」
大野智  「ライフル」「花火セット」
長瀬智也 「特殊警棒」
長野博  「ヘアスプレー(+木村のジッポ)」「国分のコルトガバメント」「三宅の柳葉包丁」「植草の万能ナイフ」

16 :111@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/15 01:25 ID:5gzT6qv.

 稲垣は階段を駆け上がると、一階から死角になるように身を潜めた。
全身の毛穴が開いて、汗が噴き出しているのが分かる。
――さあ、来い! 一瞬でも隙を見せたら即、切りかかればいいんだ!

 ついにドアが開いて、長瀬智也が警戒した様子で入ってきた。
長瀬は後ろ手で戸を閉めると、室内をきょろきょろ見回している。
人の気配を窺っている様子ではない。
やがて、長瀬は部屋の隅に置かれている、薄く埃かぶった石油ストーブに近づいていった。
しばらくそのまま周囲を探っていたが、本体の陰に置かれていた
白いポリタンクを引きずり出してきて、両手で持ち上げるのが見えた。
――あれ‥‥何してるんだろう。灯油、か?
‥‥そんなものを持ち出して何をするつもりなんだ、あいつ‥‥
 息を殺して見つめていた稲垣の顔が、さっと青ざめた。
――まさか。俺がここにいるって、もうバレてるんじゃないか?
きっとそうなんだ、それでこの灯台に近づいてきていたんだ。
それで、それでっ、その灯油は‥‥‥ああ、間違いない!
この灯台の周囲に灯油を撒いて、俺をそのまま蒸し焼きにする計画なんだ!!
な、なんてむごいことを思いつくんだっ! 悪魔のような男だ!
 だが稲垣は、長瀬の両腕がポリタンクで塞がっていることに気づいた。
――やるなら今しかない! そうだ、何を迷うことがあるんだ、吾郎!
こんな極悪非道なヤツを野放しにしていられるかっ!

 稲垣が覚悟を決め、階段の踏み板を蹴った、
その瞬間、ドアが開き、長野博がそこに現れた。

17 :112@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/15 01:26 ID:5gzT6qv.

――おわああぁっ?!
 反射的に稲垣は足を止め、同時に長瀬もはっとして振り返った。
「長野くん?」
「あれっ、長瀬?」 長野はいかにも驚いた様子で言った。
 稲垣は急ブレーキをかけた反動でバランスを崩し、その拍子に、
握りしめていた斧が汗で滑って、稲垣の手の中からすっぽ抜けた。
――ヒィイーッ?! ダメだ、今は落ちるなあっ!!
 その瞬間の映像は、なぜか稲垣にはスローモーションのように見えた。
ドラマみたいだ、とそのときだけは別人のように冷静に思った。

 どんっ、と鈍い音を立てて、斧が長野の丁度目の前に突き刺さった。
その音を耳にした瞬間、スローだった映像は元に戻り、
長野がそれこそ西部劇の早撃ちのような動作で、
腰の辺りから大振りな拳銃を取り出し、こちらに向けるのが分かった。
稲垣は咄嗟に声をあげようとしたが、それよりも早く、
炸裂音と、脳天まで揺さぶられるような物凄い衝撃が彼を襲った。


 【稲垣吾郎死亡 残り15名】

18 :以上代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/15 01:28 ID:5gzT6qv.
以上でございます。ゴローちゃん、ごめん‥‥(合掌)
引っ越しの集計等にミスありましたら、皆さんフォローお願いします。
2スレ目に入ってしまいました。
これからもよろしくお願いします!

19 :ななしじゃにー:02/05/15 01:52 ID:rOFvlrCQ
サンキュー、吾郎。あなたらしい亡くなり方に涙ですわ。
代打屋さん、2スレ目おめでとうございます。楽しみです。

20 :ななしじゃにー:02/05/15 02:22 ID:1G8H6Q..
引越し乙です!>代打屋さん
てか、斧の落ちる位置がもうちょっとズレてたら博様があぼーん・・・

21 :ななしじゃにー:02/05/15 03:47 ID:ksor6bRo
あー、スマ全員死んじゃったか…。
ちょっと悲しい元スマ担(w
ジャニ板だから仕方ないが。

22 :ななしじゃにー:02/05/15 13:33 ID:ndMlMoIk
引っ越し・更新お疲れ様です。
そしてゴローもお疲れ様(藁
運が悪かったね。相手が博様じゃしょうがない(藁

23 :ななしじゃにー:02/05/15 22:41 ID:14rSkBeA
もうひとつのバトロワも一応貼っときます。

http://music.2ch.net/test/read.cgi/jan/1013240074/l50

24 :ななしじゃにー:02/05/16 00:15 ID:1FnMAPe6
代打屋さんお疲れ様です。
そういえば、博様が拾った(?)団扇はどうなされたんでしょうか?

25 :113@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/16 01:26 ID:VlLGBluc

 ほんの数秒の間に立て続けに起こった出来事に、
長瀬智也は呼吸をすることさえ忘れた。
すぐさまドドドドッと派手な音を立てながら、稲垣が階段を転げ落ちてきた。
床にぶつかって止まったそれは大きく目を見開き、額に銃弾を受けている。
即死だったということは長瀬にもわかった。
「あぁ、びっくりした」
目の前の長野が、自分の足元の斧を見下ろしてぽつりと呟いた。
長瀬は、思わず長野の顔を凝視した。自分の耳を疑った。
びっくりした?
長瀬は、自分自身の目でその瞬間を見ていたのだ。
あのときの長野の様子は、驚きも混じっていただろうが、それ以上に別の感情が表に出ていた。
そう、階段に銃口を向けたそのとき長野は―――微かだが確かに、笑った。
いつのまにか足が勝手に動き、一歩、後退っていた。
――やばい。この人は、確実に‥‥
ほとんど本能に近いところで、長瀬は確信していた。

 そのとき、長野が顔をあげ、二人の視線がぶつかった。

「それ、何?」 唐突に長野が質問した。
「え‥‥」「そのポリタンク。何入ってんの?」
 長瀬が口篭もる。絶対に言ってはいけないと、咄嗟に思った。
話して協力を得られるような相手じゃないことは、すでに分かりきっている。
この灯油で何を作るつもりなのか知れば、必ずそれを殺戮に利用するだろう。
「水? それともガソリンか何か?」
 ゆっくりと問い詰めながら、長野は一歩一歩、踏み出してくる。
その手には、ついさっき稲垣の命を奪ったコルトガバメントが握られている。
「なぁ、それで何をするつもりなんだ?」

26 :114@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/16 01:27 ID:VlLGBluc

次の瞬間、長瀬はポリタンクを肩の上まで持ち上げると、
「うぉらあっ!!」という掛け声と共に長野めがけて振り下ろした。
「!!」
反射的に身をかわした長野に、長瀬は咄嗟に肩をぶつけると、
開かれたままだったドアから全力疾走で外へ駆け出した。

 不意をつかれた長野は、そのまま床に尻餅をついたが、
すぐに手をついて立ち上がると、小さく舌打ちして長瀬を追った。


 海岸近くの地面は削られて小さくなった石で覆われていて、
そのうえ大きなポリタンクを抱えている長瀬にはひどく走りづらい。
だが長瀬は後ろを振り返ることなく、林を目指して走り続けた。
長野に知らせるわけにはいかない。自分たちの目的は、このゲームを止めることなのだ。
 しかし、そのとき左足の膝に焼けるような鋭い痛みがはしった。
突然のことに、長瀬はその場に派手に倒れた。ポリタンクが転がる。
激痛に顔を歪めながら、見ると、ジーンズが膝の裏側からどす黒く染まっている。
なんとか立ち上がろうとした瞬間、胸の上がどさりと重くなった。
「あんまり、てこずらせないでもらいたいなぁ」
 息を切らせた長野が、馬乗りになっていた。
右手の中の拳銃が、細く煙をあげていた。

27 :どうもです代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/16 01:34 ID:VlLGBluc
今日は以上です。皆さん、レスありがとうございます。
えーと次回、かなりひどい展開が待ってます。
こんな時に書くのはどうなんだろう、と思いましたが‥‥

>23の方、リンク貼ってくださって、ありがとうございました!

ちなみに団扇、博様は大事にナップザックにしまっております。

28 :ななしじゃにー:02/05/16 02:06 ID:T7Jim8es
代打屋さん、乙です。

次回はひどい展開なのか・・・。
しかし右手に拳銃、ナップザックに団扇。
つくづく博様カコ(・∀・)イイ!!

29 :ななしじゃにー:02/05/16 02:14 ID:MYBJKq.o
代打屋さん、お疲れ様です!

大事にしまってあるのね、博様・・・
俺様の微笑みがいつ活用されるのか密かに楽しみ(w

30 :ななしじゃにー:02/05/16 03:12 ID:H7YQD9fI
代打屋さん乙彼さま!

どんな展開か胸ドキ。
博様カコイイなぁ…
しかし博様に馬乗りされたら身動き取れなさそうだ(w

31 :ななしじゃにー:02/05/16 07:35 ID:Biu4x/qE
代打屋さん乙です。
ウルトラファンの小さなお友達が見たら泣きそうな展開ですな。
でも我々大きなお友達(藁)は狂喜乱舞なのであった。

32 :ななしじゃにー:02/05/16 12:34 ID:t/0/U5gw
代打屋さん乙彼様。
博様マンセー(藁
末っ子はどうなるんだろう?
いろいろ脳内妄想繰り広げてみた。
続きが気になる〜。

33 :115@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/17 00:44 ID:16zoQxwg

 長瀬は、ぞくっと全身の毛が逆立つのを感じた。
抵抗しようとしたのと同時に、ガチャリと銃口が額につき付けられる。
「おっと、暴れるなよ。脳味噌を半分吹っ飛ばされたくなかったらね」
凍りついたように、自分を見上げることしかできない長瀬を見つめて、
長野は愉快そうに目を細めると、子どもを諭すようにゆっくりと言った。
「なあ、長瀬。お前にもチャンスをやろうか?
このポリタンクをどうするつもりだったのか、正直に言えよ。
俺はこのゲームで負ける気がしないんでね‥‥
長瀬さえ素直に答えれば、この場はすぐに逃がしてやってもいいと思ってるんだ。
考えるまでもないよなぁ、この場で死ぬか、生き延びるかってことなんだから」
 目の前にいる殺人鬼への恐怖に、長瀬は飲み込まれそうだった。
だが、必死に自分自身を奮い立たせて、かろうじて首を横に振った。
それが精一杯だった。
しかし、それだけでも、長野に火をつけるには十分すぎた。
「ははあ、何としても隠し通す、ってわけだ‥‥
そこまでされると、ますます知りたくなってくるねー」
 言い終わるより早く、長野はナップザックから柳葉包丁を取り出すと、
無傷だった長瀬の右脚の腿に勢いよく突き立てた。
「があッ!!」 長瀬の体が大きく跳ねる。
「悪いね、俺、皆が思ってるよりもずっとキレやすいんだよ」

34 :116@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/17 00:45 ID:16zoQxwg

心底楽しそうに長野はそう言うと、包丁をずるっと一気に引き抜いた。
壮絶な痛みに、長瀬の顔が再び歪む。
「さー次はどこにしよっかなー。
あ、安心しなよ、急所は外していくからね。一息には殺らない。
お前がそういう態度を取っている限り、何度でも刺すつもりだから」
 だが、歯を食いしばって悶えながらも、長瀬はやはり首を振る。
息も絶え絶えになりながら、小さく口を開いた。
「‥‥言えない‥‥」
「なんだって?」
 長野が大声で聞き返すと同時に、刃は今度は長瀬の左肩を貫いた。
「あああっ!!」
「ごめんごめん、よく聞こえなかった。もう一回、言ってくれる?」
涼しい顔でそう言いながら、長野は長瀬の左手首をつかむと、
掌を、甲を上に向けて地面に押しつけた。
そしてその上に、肩から抜いた包丁をかざしていた。
それが何を伝えようとしているのかはわかっていたが、長瀬は頑なに首を振った。
「手っていうのは末端だからね、他の場所の何倍もの神経が集まってる‥‥
だから外からの刺激をすごく敏感に伝えるんだ。もちろん、痛みも」
 長野は怖いほどに優しい声を出しで、長瀬に囁きかける。
「次からはこの指を一本いっぽん、落としていってあげようか。
だいぶ歯こぼれしてきたから、そう簡単にはいかないだろうけど、
包丁の背を上から足で踏めば骨ごと砕けるかもしれないね」

35 :117@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/17 00:46 ID:16zoQxwg

「ああ、それとも、その顔を少しずつ削ってやろうか?
もう二度とこの仕事はできなくなるだろうねえ。
いっそ見ているこっちがが耐えられない程、滅茶苦茶に刻んでやってもいい」
 長野が悪魔のように言葉を続けながら、包丁を寝かせて長瀬の頬にあてた。
包丁はひやりと冷たく、しかし長瀬自身の血で生温かく滑っている。
この男は本当にやるだろう。長瀬は、追い詰められた心でそう思った。
けれど――それで、この男に計画を話したら、どうなる?
光一や剛や、城島、山口、国分、松岡‥‥
このゲームに放り出された皆が、残酷な目に遭うだろう。
―――俺が、言わなくちゃならないことは。
 長瀬は、痛みに耐えながら、長野をまっすぐな目で睨みつけた。
「言えねえ‥‥何をされても、死んでもこれだけは言えない‥‥
‥‥特にあんたには‥‥あんただけには、絶対に言わねえよ!!」

 その言葉を聞いた途端、長野の顔からすっと微笑が消えた。
人の一生は、目の前に差し出されたものを消化する、とても合理的なものだ。
それなのに時々、こんなふうに、つまらない意地を張る人間がいる。
約束とか友情とか義理とか、そんなものを持ち出してくる人間がいるのだ。
そんな連中を見る度に、イライラする。死ねばいい、と思う。

「バイバイ、長瀬」
長野は低く呟くと、柳葉包丁を長瀬の胸めがけて、何度も何度も突きたてた。

36 :鬱代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/17 00:49 ID:16zoQxwg
や、やっちまいました‥‥。皆さん、本当にごめんなさい。
末っ子担の方はもちろん、博様担の方々にも、もう謝るしかないです。
しかもこんなシーンで誤字してるしな、自分。

今日、「うたばん」を観ていて「惜しい人たちを殺した‥‥」と思いますた。

37 :ななしじゃにー:02/05/17 01:02 ID:njVRKXTM
代打屋さんお疲れ様です。
博様にいたぶられる末っ子に興奮してしまいました(デヘ
>光一や剛や、城島、山口、国分、松岡‥‥
この箇所は「光一や剛や、リーダー、ぐっさん、太一くん、マボ‥‥」表記がよかったかな。

38 :ななしじゃにー:02/05/17 01:12 ID:zNLwdICo
あれっ?【長瀬智也死亡 残り14名】と無いぞ?もしや?

39 :ななしじゃにー:02/05/17 01:25 ID:qmL8xaPI
代打屋さーーーーーんーーーーー!!!(スレ違い)
凄い…凄いっす……
115の最後の台詞、117の「バイバイ長瀬」マジでゾクーリとしましたです。
前々回のゴローちゃんと言い、メリハリの効いた構成で読み応えあるなぁ。
読手の担は気にせず、がんがって下さい。

40 :ななしじゃにー:02/05/17 01:31 ID:tpxrTQ9U
いや〜面白かったです。緊迫感あって。
自担もそろそろお陀仏かな…
出てきて欲しいような、欲しくないような、
いつもドキドキしながら見てます。

41 :ななしじゃにー:02/05/17 01:35 ID:wLxPY1Zs
代打屋さん乙彼様です。
博コエー。マジコエー。
そして男気溢れる末っ子に乾杯。

42 :ななしじゃにー:02/05/17 01:38 ID:6DQ2Boy2
代打屋さん乙かれ様です
自担の死に方が楽しみになって来た…

43 :ななしじゃにー:02/05/17 01:50 ID:dz3FYdj.
いつもの笑顔満開プリケツ博様じゃないよう・・・(号泣
マジコエーっす! 手に汗握る、緊迫感溢れる展開にどきむね。
代打屋さん、乙カレ様です!

44 :ななしじゃにー:02/05/17 02:05 ID:cSOrDtwo
代打屋さん乙です
博様、マジ怖!!でもゾクゾクする程カコイイYO!!
これからもどんな殺人鬼ぶりを発揮してくれるのか楽しみです(w

45 :ななしじゃにー:02/05/17 02:24 ID:k7dgKYTY
代打屋さんおっつーです。
痛みに叫ぶ末っ子にはサド心をくすぐられました(w
博様が柳葉包丁についた末っ子の血を舐めて
(⌒ー⌒・) ニヤリとかしたらたまらんです。

46 :ななしじゃにー:02/05/17 02:31 ID:ZQhr59ak
>>38
>柳葉包丁を長瀬の胸めがけて、何度も何度も突きたてた。
いや、流石にこれで生きてたら、末っ子の方が化け物かと…(w
このスレタイ、「博様って怖い」に変えたい位怖かった。

47 :ななしじゃにー:02/05/17 02:32 ID:PgBE3xn2
代打屋さん乙カレーです!!
博様コワスギです!!日記よりコワイです!!
序盤の蚊取のセリフ「皆思ってんだよ、あんたが一番危なそうだって!!」
ってのをを思い出しましたわ。やっぱりビンゴだ(w
今後末っ子がやられたと知った後の自担の反応が気になる…
これからもがんがってください!!

48 :ななしじゃにー:02/05/17 05:47 ID:n4rs1wyA
末っ子ーーーーーーーーーー!!(スレ違い)
残った者はどうするんでしょうか…。
乙です。そして、続き頑張ってください。

49 :ななしじゃにー:02/05/17 08:00 ID:C.zj4Atg
自担も狂喜な博様に殺られてしまうかも。
続き、楽しみにしてます。

50 :ななしじゃにー:02/05/17 18:41 ID:o2OkseHw
うわああああ(;´Д`)末っ子・・・。
氏んでしまったんですかね・・?
続き楽しみにしています。

51 :ななしじゃにー:02/05/17 21:24 ID:MgCphSVY
ヒイィィィ博様・・・ガクガク((((;´Д`))))ブルブル
代打屋さんスゴイっす。マジで読みながらガクガク((((;´Д`))))ブルブル・・コワイヨー

52 :ななしじゃにー:02/05/17 22:58 ID:J2Q2/Sgo
o(><)O O(><)o o(><)O O(><)o 
ヒィィィィ博様・・怖いよう。代打屋さんマンセー!末っ子が
殺られたと知り自担はどうでるんだろう?

53 :ななしじゃにー:02/05/18 00:26 ID:w9wOxY02
代打屋さん乙です!ホントに凄い展開でドキドキしました〜。
でも!これからどんな展開になるのか楽しみにしてます!!
そして、博様のこれからの動きとか…。
たとえどんな事があろうと博様担として最後まで見届けるつもりです!!

54 :ななしじゃにー:02/05/18 01:37 ID:TNrho13E
代打屋サンさいこーーーー!!
ブラックな博様に萌え萌え〜〜。
あんた、天才だ!!

55 :ななしじゃにー:02/05/18 01:48 ID:F/yjSvfA
私の持ってる博様のイメージと、ここの博様のイメージが違うのが、
逆に恐さを引き立ててる。そこが上手いと思う。

56 :ななしじゃにー:02/05/18 10:46 ID:FikIJDrg
自分もバトロワ書きたいのだが…
この場合、別スレをリサイクルして使った方がいいよね?

57 :ななしじゃにー:02/05/18 13:08 ID:mi.yd6JI
博様の優しげなハスキー声であのセリフが出てくると思うと
マヂ震えが来るっす。この意外な配役を思いついた代打屋さん
素っ晴らスィ。
>56
リサイクルお待ちしてるわん。がんがれ。

58 :ななしじゃにー:02/05/18 20:08 ID:WaWj31ms
リサイクル候補、こことかどうです?
http://music.2ch.net/test/read.cgi/jan/1018463833/l50

59 :完結を目指すバトロワ ◆JWHiOyJ6:02/05/18 23:45 ID:f8NauH6A
>58
ではそちらを使わせてもらいます。

60 :ななしじゃにー:02/05/19 01:16 ID:xoSUT0OA
代打屋さん、楽しませてもらってます〜。
ゴローちゃんの章で「ちょうど目の前」を目の上と勘違いして
『ウワァァン、無敵の博様がアポーンしてしまったぁー』と焦りました。
ああ、読み違い…。その後にあんな展開があろうとは。☠ฺ
期待してるよん。>56

61 :60:02/05/19 01:19 ID:xoSUT0OA
4行目の後半…気にしないで。

62 :118@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/19 01:56 ID:AnqdHPL6

 時計を見ると、じきに9時になるところだった。
――あと、15時間。
森田剛は、それを確認すると時計をナップザックに戻した。
15時間後、自分はどうなっているのか、森田には想像できなかった。
だけど、生き残るのも殺されるのも、結局は自分しだいだ。
森田は、パンツのポケットに入れた拳銃を布の上からぎゅっと握り締めた。
今度はうまくやらなければ。中居のときは運が良かっただけだ。
そう自分に言い聞かせるが、その一方で、森田の中に躊躇いが生まれていた。
――マジ、あんなもん見るんじゃなかった‥‥
 林の中に、ごろりと転がっていた三人分の死体。
荷物を調べるために近づいたとき鼻を刺激した、腐った生ゴミような死の臭い。
だが迷っていたら、自分があんなふうになってしまうかもしれないのだ。
――どうすんだよ俺。びびってる場合じゃねーだろ。
 でもあれを見た時は、ひどい、と思った。
――‥‥やめた、とにかく歩こう。
 森田はあの屍のイメージを振り払うと、やや急ぎ足で進み始めた。
相変わらず自分の位置はわかっていない。
(実際には、校舎の周囲を一周して、また元いた方角に戻っているのだが)
禁止エリアだけは知っておきたかったが、
そのためには誰かと話をする必要がありそうだ。
――でも信用できるヤツなんか、いんのかよ。
自分はもう少なくとも二人に命を狙われている。つまり、このゲームにおいて
“好戦的そう”あるいは“殺しやすそう”と思われているのだ。どっちにしても腹立たしい。
そんな自分に、敵意を持たずに接してくれる者がいるだろうか。
森田は何人かの顔を思い浮かべてみようと試みたが、
考えれば考えるほど疑心暗鬼になっていった。

63 :ドキムネ代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/19 01:59 ID:AnqdHPL6
おぉ、一日これなかったらすごいレスが‥‥
皆様、マジありがとうございます! そして本っ当すいません。
博様にはまだまだ暴れてもらうつもりです。

また新しい職人さんが現れたんですね。
なんか、ジャニ板バトロワが盛り上がってて楽しくなってきました。
職人さん、見にいきますので、頑張ってください!

64 :ななしじゃにー:02/05/19 02:13 ID:TEfeoOS.
お疲れさまです!>代打屋さん
今日の更新はこれまでですか?
番長・・・これからどーするんだ・・・(ドキムネ

65 :ななしじゃにー:02/05/19 02:14 ID:gfXrYqd2
蛇板でバトロアを3本も読めるなんて嬉しいっす。
各バトロアの生き残りには、新スレ立てて最終バトルをキボーンなんてね。
でも生き残ったのが全て同じだったら、ヒィ〜!(藁

66 :代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/19 02:45 ID:AnqdHPL6
>64
まだちょっと出したい気持ちがあるのですが‥‥
また書いて出しになるとすぐ更新頻度が落ちてしまいそうなので、
次の分が書けたらもうちょっと更新すると思います。(いやはや、曖昧だ)

>65
そ、それは凄そうだ‥‥同じ人が生き残ったら生き残ったで物凄い戦いになりそう。

67 :ななしじゃにー:02/05/19 22:04 ID:oeGraJo.
すごい楽しみにしています。>代打屋さん。
博様〜!!

68 :ななしじゃにー:02/05/20 21:15 ID:xFLZG4iM
あれっ?【長瀬智也死亡 残り14名】と無いぞ?もしや?

69 :5:02/05/20 21:23 ID:5rgNIJ.Q
----------------------------------------------------------------------------------------
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい!
http://www.blacklist.jp/
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ ---------------------------------------------------------------
LINK(探偵事務所) → http://www.okudaira.co.jp/
----------------------------------------------------------------

70 :ななしじゃにー:02/05/20 23:09 ID:uTlE1tC2
>68
粘着だな。それにあげんなよ。

71 :ななしじゃにー:02/05/21 01:27 ID:3C.QLeRM
>>70
>>38を書いたのは私ですが68は違います。
68が勝手にコピペして上げたんです(怒

72 :ななしじゃにー:02/05/21 01:34 ID:PWi0RK9A
まぁまぁ、マターリしよう。ここは争う場じゃないぞよ。
今必死に争ってんのは私たちの、皆さんの担です(w
代打屋さん、ふぁいっつー!!

73 :119@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/21 01:34 ID:HC3ttHsY


―――違った。あいつじゃない。
 その森田の背後で、相葉雅紀は自分にしか聞こえないような小さい溜息をついた。
探知機があるとはいえ、気づかれずにその正体を確かめるのは難しいことだった。
心も体もひどく疲れているのが、自分でもわかった。
「復讐なんてするな」という山口の言葉が、また耳の奥で甦ってくる。
灯台を飛び出してから、もう何度も山口の声や、自分を見つめる目を思い出している。
だが相葉はすぐに目を閉じて、それを打ち消した。
――早く見つけ出して、ニノの仇を取ってやるんだ。
 探知機しか持っていない相葉には、武器も必要だった。
――山口くんに会ったときみたいにやれば、奪えるかもしれない。
 そう考えていたとき、探知機の中の一点に気がついた。
自分を表す青い星印と、森田を示している赤い点。
その赤い点に向かって、もう一つの赤い点が真っ直ぐに向かってきている。
 誰かが森田を狙ってきている。
――もしかしたら。
鼓動の高鳴りを感じながら、相葉は探知機の画面に目を凝らした。

がさあっと木の枝を勢いよく掻き分ける音がして、
相葉がはっと顔をあげると、刀を構えた松本潤が飛び出してきたところだった。

74 :120@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/21 01:36 ID:HC3ttHsY

「松潤!!」 思わず、相葉は大声を出していた。

 名前を呼ばれた松本が、一瞬動きを止めた。
「てめえ!」 その隙に森田が拳銃を抜く。
しかし一歩早く松本は、刀を握ったまま森田の手ごと拳銃をつかんだ。
「‥‥やっと追いついた‥‥」
松本は、森田の手から拳銃を取り上げようとしながら小声で言った。
「放せよ‥‥っ!」 森田も奪われまいと必死に拳銃をつかんでいる。
引き金を引こうとするが、松本の手で押さえ込まれているせいで動かない。
そのとき松本が足払いを森田にかけ、
倒れた森田が更に松本を引き倒し、二人はつかみ合ったままその場に転がった。

 相葉は、何が起きているのか理解できずに揉み合う二人を見ていたが、
我に返ると、「やめろよっ!」と叫んで、二人を止めに入ろうとした。
だがその瞬間、松本が興奮して血走った目で相葉を睨んだ。
「邪魔したら殺す!!」
 怒鳴られた相葉は、ぎくりと硬直した。
思わず森田まで怯んだとき、松本ががむしゃらに振り回した刀が
森田の首筋をかすめ、血が流れ出した。
「痛っ!!」
声をあげた森田を、松本はさらに拳で殴った。
「んの野郎っ!」 反射的に森田がグリップの底で松本の頭を殴りつける。
 松本も、森田も、ついには相手をめちゃくちゃに殴り始めた。

75 :121@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/21 01:37 ID:HC3ttHsY

その狂気じみた様を、相葉は立ち尽くして見ているしかなかった。
――松潤、どうしたんだよ。
とてもそんな言葉はかけられなかった。
“邪魔したら殺す”と自分を怒鳴りつけ、
目の前で森田と殴り合っている松本は、自分の知っている松本ではない。
別人、というだけでは言い足りない、もっと根本のものが違うような。

そのとき相葉ははじめて気がついたのだ。
人を狂わせる、このゲームのもっとも恐ろしい部分に。

 気がついたとき、相葉はその場から走り出していた。

76 :お騒がせして代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/21 01:42 ID:HC3ttHsY
今日は以上でございます。
番長担・歪担の皆さん、度々申し訳ないっす。

す、すみません、私が妙ちきりんなことしてるばっかりに
不愉快な思いをした方がいますね‥‥
すみません、ちょっと書きたいことがあるもので。

77 :ななしじゃにー:02/05/21 01:48 ID:cgkM1Alg
番長〜〜〜〜!!(号泣
死ぬなぁ 番長・・・・ ウゥ

こんなに厨房めいた台詞を口にさせてしてしまう程の威力、
お見事です、代打屋さん。

78 :ななしじゃにー:02/05/21 01:56 ID:pF/mEaNo
タッパがある歪相手に健闘してるな、番長。
続き、楽しみにしてます。

79 :ななしじゃにー:02/05/21 09:21 ID:loDfknAE
ついに来たな番長。
野性の力を見せてやれ(藁
なーんて、あっけなくあぼーんしそうだな(藁
続き楽しみにしてます。代打屋さんファイツー。

80 :ななしじゃにー:02/05/21 18:23 ID:NhK6uIdA
あ゙ぁー!!番長vs博様見たい〜ン
面白くて毎日楽しみにしてまする。代打屋さんありがとう!これからも無理ないペースで頑張って下さい!

81 :立候補職人@代打屋さんファン(w:02/05/21 23:06 ID:wsYpSrzY
実は自分もバトロワ書かせていただこうかと思ってたんですが
気付いたら職人さんが3人に!
どなたかのストーリーが完結して落ち着いた頃に落とせるように
チョコチョコ作っておこうと思っていますです。
その時は、皆さん宜しくお願いいたします。

82 :ななしじゃにー:02/05/21 23:29 ID:8HPBgUNw
>81さん
書き溜めておいて下さいねー
期待して待ってます。

代打屋さん乙です。
ついに番長がきた…ちょっとドキドキ

83 :ななしじゃにー:02/05/22 00:12 ID:b8f7v1ZI
>81
三つのうちのどれかが終わったら、よろしくおながいします。
別スレとはいえ、話が重なりすぎるとややこしくなりそうだし。
楽しみに待ってます。

84 :既にドキムネ81@職人見習い:02/05/22 00:55 ID:XKANIrlU
大体構想は出来上がってるんですが、職人さん方それぞれ
素晴らしいストーリー展開なんで、はっきり言って自信はないのですが
お勉強しつつ書き溜めようと思います。それまでは読者です。
代打屋さん・パニックさん・完結さん、頑張って下さい!では。

85 :122@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/22 01:27 ID:AvbjjhbA

森田が松本の頬を拳で力任せに打つと、すぐに松本が殴り返す。
更に森田がその反撃に、松本の顎を払うように肘鉄をくらわせる。
 二人は顔中を腫らし、全身に細かな刀傷をつくりながら、
それでもひたすら攻撃と反撃を繰り返していた。
森田のほうが比較的殴り合いに対する「慣れ」のようなものがあったが、
体格差もあり、さっきから松本が上になっているぶん、形勢不利だった。
戦いが長引くにつれ、それは次第に如実に現れてくる。

 森田が横面を殴りつけると、松本は一瞬、顔をしかめたが、
血の混じった唾と一緒に、折れた奥歯を吐き出すと、
今度は渾身の力をこめて森田の顔を裏拳で殴り飛ばした。
その瞬間、口の中が切れて、噴き出した血が気管に入り、森田は咳き込んだ。
錆びた血のにおいが口いっぱいに広がっていく。息が出来ない。
森田が激しくむせていると、側頭部に、ごん、という衝撃があり、
一瞬、目の前に星がとんだ。刀の柄で殴られたらしかった。

 死ぬ、と思ったとき、さっきから背中に当たっている硬いものに気づいた。

森田はわずかに背中を浮かせると、下敷きになっていたナップザックから
スプレー缶を抜き出し、目の前の相手にめがけて一気に吹きつけた。

86 :123@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/22 01:28 ID:AvbjjhbA

「うぅっ!!」
 正面から思い切り催涙スプレーを浴びた松本は、
突然の痛みに、咄嗟に両目に手をやった。
一瞬できた隙に森田は松本の体を蹴り上げてはね退けると、
手をついて立ち上がり、ジュニアコルトを構えて引き金を引いた。

 しかし、その途端、森田の視界がぐにゃりと大きく歪んだ。
弾丸は狙いを外して、地面の土を削っただけだった。
―――あれ?
ひどくピントがずれ、景色がぼやけて見える。頭がクラクラした。
―――なんだこれ。気持ち悪い。
さっき頭を殴られすぎたせいだろうか。ひどいめまいがしている。

その間に、松本が涙をこぼしながらも林の奥へ逃げていった。
森田はズキズキと痛むこめかみを押さえて、
ふらふらとおぼつかない足取りで後退すると、木に寄りかかった。
 しばらくそのままの体勢でいると、
やがてめまいは治まり、景色のピントももとに戻った。
だが、頭痛は相変わらず残っていた。
―――ダメだ。どっかで、休みたい。
どこか休める場所をと、森田は半ば無理やりに再び歩き出した。

87 :ありがたや代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/22 01:31 ID:AvbjjhbA
以上でございます。またしても肩すかしですね‥‥

>81さん
あ、ありがとうございます!
書き溜め、頑張ってくださいね。楽しみにしてます。
私も先に始めたからには、さくさくっと終わるように努めます!

88 :ななしじゃにー:02/05/22 02:10 ID:ct.aGcKw
ば、番長、負けるな番長!と思わずいいたくなるような展開。
しかし、歪もしぶとくて(・∀・)イイ!!

89 :ななしじゃにー:02/05/22 07:52 ID:b8f7v1ZI
代打屋さん乙彼さんです。
なんかすんげードキドキしちゃった。
歪がコエーよ。
あんまり番長をいじめないで。
小っちゃいんだから(藁

90 :ななしじゃにー:02/05/22 20:51 ID:Ux0UTl1o
代打屋さん乙カレーです。
自分もドキドキしながら読みますた。
うぅ、イタイヨ・・・殴り合いの描写読んでると・・

91 :ななしじゃにー:02/05/22 21:20 ID:wuUiI7mc
代打屋さん乙です。

番長はちっちゃくても意外と力持ちだからなー。
実際の歪はタッパはあるが腕力はヘタレなので、ここで
あぼーんされてしまうのではとドキドキでした…
うう、続きが気になる〜

92 :ななしじゃにー:02/05/22 23:09 ID:vFnTgVNU
代行屋さん。おつかれさまでございます。
今回でどちらかが死んでしまうと思っていたので
二人生き残ってうれしいです。個人的に番長の活躍期待!
違う意味でしぶとそうだけどね。この二人。

93 :ななしじゃにー:02/05/22 23:36 ID:HgQz9TdI
>92
代行屋さんって・・・。チケ取りじゃないんだから(w
ageるなよ!
楽しみにしてる他の人の為にもさ。

94 :ななしじゃにー:02/05/22 23:45 ID:Mr5In9As
そのとおり!!
マターリマターリ行きましょう。

95 :124@代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/23 01:05 ID:WS59xvNc

 島の各所のスピーカーから、キィンという耳を突く音が響いた。
その耳障りな音が止むと同時に、今井の声が流れ出す。
『皆さん、9時になりました。定時連絡です。
前回同様、今から立ち入り禁止区域の指定と、
この時間までに亡くなられた人の名前を発表しますが‥‥』
 今井は、そこで声のトーンを落として、
わざとらしく間をおくと、いくらか鋭さを増した口調になって続けた。
『亡くなったのは、井ノ原快彦、稲垣吾郎の二名のみです。
皆さん、前回の放送から急にペースが落ちてますよ。
始まる前にも説明したとおり、制限時間内に最後の一人が決まらなかった場合、
ゲームオーバーということで、全員の首輪が爆破することになります。
このままのペースで行けば、ゲームオーバーは免れません。
そんなくだらない終わり方は誰だって嫌でしょう。
そうならないために、どうするべきか、皆さんにも分かっているはずです』
 それまでの今井の話し方は、原稿をそのまま読んでいるかのようだったが、
このときだけは、今井自身の言葉のようだった。
今井の声はすぐにまた事務的な口調に戻る。
『こちら側も対策として、一度の放送で指定する禁止区域を
少し、増やしたいと思います。それでは、地図を見てください。
まずはAの2、3、4までをすべて立ち入り禁止とします。
次に、Bの10、Cの1、同じくCの10。
Dの1、同じくDの10。それからEの1。
そして、Fの7、8、9まで。以上、十二箇所です。
では、残る十五名の皆さん、健闘を祈ります』
 そこまで言って、放送は終わった。

96 :代打屋 ◆BRjIUPk6:02/05/23 01:07 ID:WS59xvNc
今日は以上です。ものっすごい説明くさい回でスミマセン。

チケ取り代行‥‥ワラかしてもらいました(w できることならしたいっすね。

97 :ななしじゃにー:02/05/23 02:43 ID:18OHsrko
乙です。意外と氏んでないんですね。
自担が名前を呼ばれるのはいつか・・・。

98 :ななしじゃにー:02/05/23 10:05 ID:IgOfBAXg
代打屋さん、乙っす。
あ、あれ、、もしかして末っ子???

99 :顔面造形。:02/05/23 11:22 ID:.NEw2UlM
http://www.yakisoba.org/img-box/img20020515081942.jpg

ジャニオタって右のような奴が99%だね。
自覚してくれ。

100 :ななしじゃにー:02/05/23 11:32 ID:Y0xbyj0A
ジャニヲタコワイ怖い恐い100ゲット―――!

101 :ななしじゃにー:02/05/23 11:39 ID:yZT91U4w
http://music.2ch.net/visual/kako/1008/10089/1008999716.html
http://music.2ch.net/test/read.cgi/visual/1008999716
http://music.2ch.net/test/read.cgi/visual/1020621985/
バトロワ

102 :名無しさんは見た!:02/05/23 20:37 ID:???
パニックさん
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/jan/1013240074/l50
完結さん
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/jan/1018463833/l50

103 :125@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/24 03:05 ID:7jdcopqD

 放送を聞き終えると、国分太一は地図をしまい、再び足を進めた。
さっきの放送で、死んだ人間が予想よりずっと少なかったことを知り、
国分は少し安堵したが、放送が知らせてくれたのは良いことだけではなかった。
あの長野も、まだこの島のどこかで生きているのだ。
しかも、島内の移動できる範囲は確実に狭められてきている。
――次に会ったら、そのときはきっと俺の番。
 長野の冗談半分のような提案のおかげで、国分はこうして生き残っていた。
だが一晩で、その顔は土気色になり、唇はがさがさに渇き、
目はひどく落ち窪んで、瞳は濁って死んだ魚の眼のようになっていた。
極限状態に置かれた緊張とストレスに加え、寝不足、
そして水と食料を持ち去られた国分は、昨夜から何も口にしていない。
――もう、いやだ。
こんな狂ったゲームなんか、さっさとやめて今すぐ逃げ出したい。
長野が三人を惨殺した現場から離れても、夜の間中、
あの光景がフラッシュバックして、頭がおかしくなりそうだった。
こんなのはいやだ。いやだ。
――でも、俺はもう死ぬことも出来ない。
死のイメージと恐怖は完全に国分に憑りつき、離れてはくれなかった。
――どうしてこんなに苦しまなくちゃならないんだろう。
俺、何かしたんだろうか? 何の罰があたって、こんな目に遭ってんだろう‥‥

 国分はのろのろと歩いていたが、ふと陽射しが強くなったのを感じて顔をあげた。
目が大きく見開かれる。急に生気を取り戻したように、国分は駆け出した。
その視線の先には、岩浜に倒れている長瀬智也の姿があった。


104 :ななしじゃにー:02/05/24 03:10 ID:t5JpiPyo
乙です!
長瀬再び登場!ワクワク

105 :126@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/24 03:12 ID:7jdcopqD

「長瀬! おい、長瀬!」
 誰かが自分を呼んでいる。聞き覚えのある声だ。
その声に呼び覚まされた長瀬智也は、リノリウムの床の上にいることに気づいた。
真上には天井と蛍光灯が見える。周囲では談笑する声が賑やかに響いていた。
――あれ‥‥どこだっけ? ここ‥‥。
まるでどこかの会議室か、そうだ、運動会のときの楽屋のような部屋だった。
「なーがーせっ、コラ、寝るんじゃねえぞっ!」
 突然、松岡昌宏が視界に入ってきて、長瀬の体を乱暴に揺さぶりだす。
隣では、堂本光一が「たぶんこれ、もう起きへんで」と苦笑している。
「まぁまぁ、あと5分くらい寝かしといてあげーや。疲れてんのやろ」
城島茂はそう言いながら、真剣な表情で前髪をセットしていた。
その後ろのソファでは井ノ原快彦、岡田准一、堂本剛らがギターを抱えていたり、
相葉や二宮たち、嵐の五人が一つのテーブルに集まって何か話している。
――‥‥えー‥‥なんで皆いんの? ていうか、ここどこっすか‥‥
「長瀬ー、起きろってば」 また誰かの声がする。
――ちょっと待って、なんかわかんねーけど‥‥今起きるから。



106 :127@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/24 03:16 ID:7jdcopqD

「どうしたんだよ長瀬! 長瀬!!」
 国分は気が動転して、その名前を喚き散らしていた。
数時間ぶりに再会した長瀬は全身血まみれで、あちこちに刺された痕があった。
 すると、長瀬がわずかに眉をひそめて、ゆっくりと両目を開いた。
「‥‥あー‥‥太一くんだぁ‥‥!」
 長瀬は、そうつぶやくと顔中で笑顔にして国分に笑いかけた。
その笑い顔は穏やかで、彼が負っている傷の壮絶な様とはかけ離れていて、
国分は一瞬、言葉を失った。
「‥‥お前、これ‥‥?」
少しの沈黙の後、国分が震える声で尋ねると、長瀬はへへっと笑う。
「ごめん、俺いつから寝てたんだろ‥‥なんか、変な夢見てた‥‥」
「夢?」「うん、そう。夢‥‥なんか‥‥すげぇ怖くて、悲しくって‥‥」
 言いかけた長瀬の口から、ごばっとおびただしい量の血が噴き出した。
赤い霧になった飛沫が、ぴしゃっと音を立てて国分の顔にかかる。
それと同時に長瀬の笑顔が苦痛に歪み、長瀬は呻き声を漏らした。
「‥‥いてぇ‥‥!!」「長瀬!!」
 長瀬が、自分の血で濡れた手をがくがくとふるわせた。
国分は咄嗟に、その手を自分の両手で包んだ。ぞっとするほど冷たかった。
「痛いよ‥‥痛い‥‥太一くん、めちゃくちゃいてぇよお‥‥!」
「しっかりしろよ、長瀬! 大丈夫だから!」 国分が焦って言う。


107 :128@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/24 03:20 ID:7jdcopqD

「‥‥いた‥‥」「ちょっと待ってろ、あそこの灯台で何か薬‥‥」
 国分が慌てて行こうとしたとき、長瀬が国分の手をつかんだ。
「待って‥‥皆に言っておかなきゃ‥‥」
「なんだ?」 国分はそこに立て膝をつくと、長瀬に続きを促した。
 長瀬は震える唇を動かして、かすれた声を振り絞った。
「‥‥長野くんには、近づいちゃダメだ‥‥」
 それを耳にした瞬間、国分の顔から血の気が引いた。
―――やられたんだ。長瀬も、あいつに!!
国分の手を握る長瀬の手に、ぎゅっと力がこめられた。
長瀬の目に、涙が滲んでいた。
「太一くん‥‥俺、何の役にも立てなかったよ‥‥
せっかく、光一が考えてくれたのに‥‥俺は何もできなかった‥‥!」
「光一?」 突然出てきた名前に、国分が思わず聞き返した。
「‥‥もし、光一に会ったら‥‥謝って、くれる、かな‥‥」
 長瀬は弱々しい声で続ける。その間にも体はどんどん冷たくなっていった。
「俺、光一に会ったとき、いきなりぶん殴った‥‥
あいつが考えた方法だって‥‥本当にできんのかなって、疑ってた‥‥!
‥‥結局、灯油だって持っていけないし‥‥全然光一を助けてやれなかった」
「何‥‥どういうことだよ‥‥?」 国分が、戸惑って言う。
 長瀬の目が、悲しげに空を睨みつけた。
「‥‥太一くん‥‥俺、悔しいよ‥‥すっげー悔しい‥‥
何も、何もできないままで‥‥‥死ぬ、なんて‥‥‥やだ‥‥」
 そこまで言って、それきり、長瀬智也は動かなくなった。


 【長瀬智也死亡 残り14名】



108 :129@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/24 03:24 ID:7jdcopqD

「‥‥おい‥‥?」 はっとして、国分が長瀬の体を揺する。
 だが、長瀬は相変わらず宙を見て、ぐらぐらとされるがままになっている。
「おい! 長瀬!? 長瀬っ!!」
何度呼びかけても、何をしても長瀬はまったく反応を示さない。
「嘘だろ‥‥」
 国分は、無意識のうちにぽつりとつぶやいていた。
「‥‥おい、長瀬‥‥何してんだよ。なに、死んでんだよ!」
 国分は戸惑った表情のまま、次第に大声になっていく。
「お前っ‥‥ふざけんなよ! なんでそんなこと言い残して死んでくんだよ?
‥‥死ぬ間際にそんなこと聞かされたら、俺が引きずるに決まってんだろ!?
冗談じゃないよ、背負わせないでくれよ、そんなの! 俺、そんな余裕ねぇぞ!
‥‥もういっぱいいっぱいなんだから‥‥‥それで死ぬなんて、きたねーよ‥‥!」
 乱暴に長瀬の肩を叩いてみても、手ごたえはまったくない。
虚しさが胸に押しよせてきて、国分の目からぼろっと大きな涙の粒が零れ落ちる。
それでも長瀬は、時間が止まってしまったように、微動だにしない。
それが余計に腹立たしくて、国分は何度も、何度も長瀬の亡骸を叩き続けた。



109 :驚きますた代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/24 03:28 ID:7jdcopqD
以上です。 ところで、鯖移転したんですね。
最初、ブクマから行けなかったときはちょっとビクーリしました。

末っ子、中堅、ごめんよ‥‥

110 :ななしじゃにー:02/05/24 04:04 ID:UVdm2eDF
自分、時担じゃないのに
ぶっちゃけ部位担なのに感動してシマタ…
力になれずに謝ることも出来ずに死んでいく末っ子も、
同じ人間の手で同じ思いをさせられてる中堅も…
しかも同じメンバーで絶望しきった中でやっと見つけたのに。
やりきれないです…

ところで博様以外にも忘れちゃならないやる気満々キャラがいらっしゃいますよね。
彼の動向も気になるところ…

111 :ななしじゃにー:02/05/24 05:12 ID:tHJL6K5C
代打屋さん乙彼様です。
TOKIO内で天国に一番近い男は末っ子だったか…。安らかに眠って(゚д゚)ホスィ
嗚呼博様、華麗な包丁さばきの披露はジャンクバトルだけにしてね。

112 :ななしじゃにー:02/05/24 08:57 ID:Ti4R9nUm
代打屋さん乙彼様。
末っ子や中堅の事を考えると、こんな事言っちゃいけないけど、
ヤパーリ博様マンセーーー(藁
いやしかし、ウルッときますた。

113 :ななしじゃにー:02/05/24 09:05 ID:cu3scHk+
時担です。ちと泣いちゃいそうになりました・・・(涙
代打屋さん乙彼様です。まんま・・・時って感じがして。
この状態じゃ確かにいっぱいいっぱいだろうなぁ中堅(w
やっと見つけた末っ子も死を看取る事しか出来なくて無力感で
いっぱいだろうなぁ。うう・・・末っ子。メンバーに言われてる
ようにエンジェルになるのか。


114 :ななしじゃにー:02/05/24 18:19 ID:6brICzco
うう、末っ子・・・。
他担なのに、ホント泣きそうになりますた。

115 :ななしじゃにー:02/05/24 22:48 ID:lQ00NIw6
夢を挟むあたりがたまらない・・・。代打屋さんマンセー!!
皆が感動している中、
中堅の火傷は大丈夫だったんだろうかと
終始気になっていて話にのめり込めなかった私は逝ってくる。
無事だったのね、身体は。

116 :ななしじゃにー:02/05/24 23:20 ID:6bhseAto
末っ子の見た夢が切ないYO・゚・(ノД`)・゚・
自分もちょっとウルッときました。

117 :ななしじゃにー:02/05/25 00:16 ID:ZKOR3Abh
末っ子…(ウルッ
その言葉を受けて高位置の力になれるのかな、中堅は。
ポポロの誕生日占いで、中堅は
‘実は寂しがりやで、一人になると自信を失う’
と書いてあったのだけど、なんかそういう感じが出てますね〜。

118 :ななしじゃにー:02/05/25 04:46 ID:+ibgUlqa
代打屋さん乙です。
他担ですが、時好きなのでかなり感動しました(軽く泣き
末っ子は本当にピュアでいいねと思わずにはいられないです。

でも博様の暴走と屈辱的ななにかを期待してます。


119 :81立候補職人 ◆3RpkmWIM :02/05/25 16:01 ID:RTId1zlf
トリップつけてみました。

代打屋さんマンセー! 更新乙です。
夢のシーンが切なくて泣かされました。末っ子・・・(涙
職人さん方のストーリーが進むにつれ、自分の構成と
いつか被るんじゃないかと別の意味でもスリル満点です(w

120 :ななしじゃにー:02/05/25 21:35 ID:m96pr9sb
今後中堅も暴走しちゃうのかしら?

121 :ななしじゃにー:02/05/25 21:47 ID:YaQw3Za2
いつも感動をありがとうございます、代打屋さん!
末っ子の死は、本当に切ないです。
これで、高位置との計画が断たれちゃったんですよね・・・
誰が生き残るのか、益々楽しみです。

私も、細々と小説サイトを運営しているせいか、ここを読んでて、触発されたというか、
バトロワ自体も好きなので、挑戦してみたくなりました。
立候補してみたいけど、代打屋さんや、パニックさん、完結さん ほど上手くかける
自信がないんですよね・・・。自サイトでコソ-リ書いていこうかな。


122 :121:02/05/25 21:49 ID:YaQw3Za2
Σ(゚д゚lll)ガーン
ID、ヤクザみたいだ・・・

123 :ななしじゃにー:02/05/26 02:04 ID:va1LSZEt
職人さんにはどんどん立候補してホスィ。
でも今は話がダブッてるからもう少し待っててホスィ。
最近はバトロワ読む事が日常習慣になってきています(藁


124 :ななしじゃにー:02/05/27 12:44 ID:7qQjIFzi


125 :まだまだ職人見習い ◆3RpkmWIM :02/05/28 00:26 ID:uhMB7TpN
>123
はい、大丈夫です。ご心配なく。
現職人さん達の邪魔はせぬようちゃんと待ちますので。
良いペースでさくさく更新できる様に書き溜め頑張ります。

126 :ななしじゃにー:02/05/28 17:01 ID:+TjRKol7
代打屋さん乙かれ様です!
ここ読んですっかり博様ファンになりました(w
他にも次期職人さんが現れると思うとそれもドキムネ。

127 :ななしじゃにー:02/05/28 19:55 ID:eXPg1Skf
代打屋さん乙カレです!
最近このスレ知ったけど、あっという間に全部ロムってしまったです(w
自担が切ない最期を遂げたのはマジで泣けた・・・。
随分な亀なんだが「一緒に東京に戻ろ」って言ってたのにぃぃ。
親友に殺られた俺様にカンパーイ!(w
博様が今後どうなるか気になる。
ブラック博様にマンセー!!!!

128 :ブラック博様:02/05/28 21:46 ID:k2JCV+kO
原作の「黒長博」というキャラはあっというまに
死んじゃったんだな。


129 :121:02/05/28 23:15 ID:INcKZxAf
ありがとうございます。そう言ってもらえると嬉しいです。
私も、ゆっくり書き溜め始めようかと思います(w
もし、納得のいく出来だったら2ちゃんに晒そうかなと。ドキドキ
ただ、嵐が書けないんで、13人で話を進めたいんだけど、どうでしょう?

130 :ななしじゃにー:02/05/28 23:29 ID:xrjAwcVO
>129
J−FRIENDS版ってことでいいんじゃない?
私も楽しみにしてるよ。

131 :ななしじゃにー:02/05/28 23:41 ID:agUE8GO7
>128
改めてみると、凄い名前だよねぇ。
「黒」い「長」野「博」

132 :ななしじゃにー:02/05/28 23:42 ID:cuFWZbf9
>128
そう言えばそんな正にブラック博様な名前のキャラいたね〜(w
脇だから忘れ去ってた

133 :130@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/29 01:11 ID:BvQkoPgk

 どれくらい時間が経っただろうか。
長瀬のベルトに挿されている黒っぽい棒が、国分の目に入った。
国分は、躊躇いを感じながらもそれを手に取る。
どうやら警棒らしい。と、国分は自分が丸腰だったことを思い出した。
このゲームのために支給されたものとはいえ、
死んだ人間から何かを盗るということには、若干の抵抗がある。
だが、このまま手ぶらで動き回っているわけにもいかない‥‥。
 迷っているとき、長瀬の死体がナップザックを背負ったままだと気づき、
同時に、渇ききっていたはずの口の中に唾が湧いてくるのが分かった。
いけないとは思っていても、ごくり、と唾を飲み込んでしまう。
 気づいたときには、国分は長瀬の上体を抱えてナップザックを肩から降ろし、
一秒でも待てないというようにファスナーを開けて中を探っていた。
すぐに目的のものは見つかった。
未開封のカロリーメイトに、水は少し減っていたが、それでも十分あった。
それらを手にした途端、国分の理性や倫理観のようなものは吹き飛び、
無我夢中でボトルのキャップを外して、喉を鳴らして水を飲んでいた。
カロリーメイトも焦ったように口に入れ、すぐに一袋食べてしまう。
それを水で流し込むと、もうボトルの半分以上を飲んでしまっていた。
 うまかった。
ただの水と栄養補助食品が、こんなにも美味いものに感じたのは初めてだった。
これまでに食べたどんな豪華で珍しい高級料理よりも、うまかった。
 しかし、どうしようもなくやるせない気持ちが込み上げてきた。
自分はこんなにも情けなくて意地汚い人間だったのかと思った。
傍らの長瀬が、生きてはいないと知っているはずなのに、
自分を軽蔑しているようで、あるいは憐れんでいるようで怖くなって、
国分は開かれたままだった長瀬の目に手をやると、その瞼をおろした。
――俺は、汚い。
 国分は唇をかみしめると、勢いをつけてその場から立ち上がった。
わずかな休憩と、水と食料を摂っただけで、皮肉なほどに回復していた。
そして警棒を自分のベルトに挿し、転がっていたポリタンクをつかむと、林へ走り出す。
こんな自分にできる唯一のことだと思った。


134 :代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/05/29 01:21 ID:BvQkoPgk
よ、読みづらっ!
こんばんは。今日は次との間隔を作りたいのでこれっぽちでございます‥‥
っていうか前回分と一緒に出せばよかったのに、と今さら気づきました。

黒長博、私も忘れてました(w たしか桐山ファミリーでまとめてあぼんされてましたね。
今後、この名を見かけるたびに気になってしまうかもしれない・・・黒長・・・

職人候補の方々、私も早めにスレを開けるためにも頑張りますので、
いいモノを書いて待っててください。
レスをつけてくださってる皆さんも、いつもありがとうございます!
ぶっちゃけ、大まかな展開はあらかじめ決めてあったとおり進めているんですが、
皆さんのレスからアイデアをいただいて多少変えた部分もかなりあるんです。
一人ではとてもできませんです・・・。これからもよろしくお願いします。

135 :ななしじゃにー:02/05/29 01:49 ID:TqC5Pa7f
いやいや、そういうもんだぜ中堅。
ストイックかつ人間性溢れるキャラがいい。
果たして末っ子の仇を討つことになるのか?(キャー
>これまでに食べたどんな豪華で珍しい高級料理よりも、うまかった。
のとこはワラテしもたが。

136 :ななしじゃにー:02/05/29 03:11 ID:Cgr8Qd5o
代打屋さん乙です!
自虐する中堅のやるせない感じがトテーモ伝わってきますた。何か可哀想・・
最近ホント前以上にココに来るのが楽しみになって来てます。がんがって下さい!

137 :ななしじゃにー:02/05/29 13:46 ID:iKJ3gLZR
>135を読んで改めて笑ってしまった。
どちらもそういやバトルですな!

138 :◎◎◎:02/05/29 16:05 ID:1H0sjaMe
代打屋さんマンセー!
中堅が勘違いされないことを祈りながら
続きを楽しみにしてます(藁




139 :ななしじゃにー:02/05/29 16:15 ID:t30+WAO6
ブラック博様はポリタンクを持っていかなかったんだぁー。

140 :ななしじゃにー:02/05/29 19:31 ID:NHipYcQq
中堅・・・どんな時でもお腹が空くのは生き物の宿命だ。仕方あるまーに。
バトルはゴチだけで済ませたかっただろうなぁ・・(w
>139 荷物になるからでは?ダーティ博様。
代打屋さん!がんがってー!あうあう・・続き楽しみにしてるです。

141 :ななしじゃにー:02/05/29 23:28 ID:LmDTrYwK
話の内容には関係ないんだが
皆、バトロワ原作は読んでる?
自分はここをキッカケに原作買って読んだ(w

142 :ななしじゃにー:02/05/30 01:31 ID:akLYpXEJ
自分も>>135さんその他の方がたと同じトコで激ワラタ。
それまでが深刻だった反動で・・イヤ〜そんなシニカルな代打屋さんが好きです!

143 :ななしじゃにー:02/05/30 01:34 ID:akLYpXEJ
アゲてしまった!ごめんなさい!!

144 :ななしじゃにー:02/05/30 01:42 ID:Urj+d7PH
>141 映画見て(・∀・)イイ!と思ってたら友に「原作もイイよ」と
勧められたので読んだよ。
なので前スレで様子見さんが書き始めた時はカナリ嬉しかったな。
マジでジャニバトロワ見たいなぁ・・(w

145 :ななしじゃにー:02/05/30 02:26 ID:n7CWQGEB
自分は原作→映画のクチなので
これを機に、の方には原作で読んで頂きたいかな。同じ文字媒体だし。

どーでもいいことだが、ベープCMみてサバイバー中の時はこんなんかと
前スレ単発時職人さんを思い出したり(w

146 :ななしじゃにー:02/05/30 12:15 ID:IBj9W412
ジャニ汚田は世界に見せたくない,日本のフーリガン。

147 :ななしじゃにー:02/05/30 13:27 ID:9xVy6R8M
オマエラがこわひ
しんでよ
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/1960/

148 :ななしじゃにー:02/05/30 22:49 ID:RbqcZ6iN
私も原作→映画です。
原作のほうが細かくて面白いと思ったけど、映像でイメージ
しやすいのは映画かも。


149 :ななしじゃにー:02/05/31 00:31 ID:QwnwMvOy
既に死んだスレタイにレスしてるのがいるが、
気にせずサクサク頃してくださいねっ。

150 :ななしじゃにー:02/06/01 09:19 ID:VOfdmk5T
3日開いたけど、次の更新はいつだろう?
どつよはどこまで探しに行ったんだー?

151 :太鼓屋:02/06/01 23:25 ID:WgiRWB+H
定期ミ・д・ミ <ほっしゅほっしゅ!

152 :131@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/02 03:05 ID:fJ6BsJzx

 さわさわと、草を掻き分けて進むかすかな足音が聞こえている。
瞼を下ろしているせいだろうか。聴覚がひどく鋭敏になっている気がする。
――誰かがこっちに来てる。
岡田准一は、大きな老木の木陰に座り込んでいた。
 松岡が、自分を追いかけてきたのだろうか。
さっきの放送で、手榴弾の攻撃を受けた松岡が生きていることがわかった。
もし自分が「やる気」になっている人間の立場だったら、
殺しそびれた相手をそのまま逃しておくような真似はしない。
なにか特別な理由がない限り、再び命を狙ってくると考えるのが自然だろう。
 だが不思議と、応戦準備をしたり、早く逃げようとは思わなかった。
あのときは、ただもう逃げることに意識が集中していたが、
こうして時間をおいて考えてみると、岡田は、
目の前で井ノ原を殺した松岡に対しての恐怖はあったが、
怒りや憎しみといった感情はあまり抱いていないということに気がついた。
 足音は次第に近づいてくる。
もちろん、井ノ原が死んだことを思うと、あの瞬間の衝撃が甦り、
絶望に似た喪失感や、未だに彼の死を認めたくない気持ちすら湧いてくる。
しかしそのことで松岡に、例えば復讐してやるとか、そういう思いはなかった。
―――やっぱり、俺は‥‥
 そのとき、かなり近いところで足音が止んだ。人の気配がする。
岡田は静かに両目を開いた。
「‥‥どうする?」
すぐ目の前に立っていた人物に、岡田はそう尋ねた。
俺を殺すか、という意味で聞いた。
 桜井翔は、否定も肯定もせずに、岡田を黙って見下ろしていた。



153 :年寄り代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/02 03:56 ID:fJ6BsJzx
すんません、ちょっと続きはあとで叩き直しを入れてから投稿しにきます。
>150さん
ごめんなさい、どつよはまたちょっと後になります‥‥
日にちが空いてしまったのは、あの、帰宅して
ぼーっとしているうちに気がついたら朝まで眠ってしまっていた、ということが続きまして。
ほんっとしょーもない理由で申し訳ない。年のせいか寝るのが早くなってきたようです。
>151さん
保守してくれてありがとうございます。名前に笑いますた。

154 :ななしじゃにー:02/06/02 09:27 ID:HyaQJSHt
代打やさん乙です
でもこの続きはかなりー気になる切れ方です…
どうするのどうするのー!?

155 :ななしじゃにー:02/06/02 10:47 ID:fHGAFvSw
代打屋さん乙彼さんです。
う〜ん続きが気になる展開だ。
無理しないでがんがって下さい。

156 :太鼓屋:02/06/02 18:24 ID:sY1iTsTY
定期ミ・д・ミ <ほっしゅほっしゅ!

157 :ななしじゃにー:02/06/02 22:22 ID:rFbDvaCe
代打屋さん乙彼です!
物産&晩備ですね。仲が良かったり顔なじみ同士が
遭遇するのはドキドキです。

158 :132@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/03 02:35 ID:7gnM7iJq

 『どうする?』
岡田の口からその言葉が発せられたとき、
桜井の胸に、苛立ちとも狼狽ともつかない感情がよぎった。
――また、それなのかよ。
 はじめ、岡田を見つけたときは、死んでいるのかと思って近づいた。
しかし近づいていくうちに、生きていることに気がついて、
繰り返し自問自答していたのだ。どうする、と。
いや、それよりもずっと前から、ゲームが始まったときから、
もう何度もその問いかけが浮んでは消えていた。
桜井は一度はその答えとして「やる」方を選んだ。
それが、結果的に、二宮の死を招いた。
そのあとも、城島や松本のように、変わってしまった人間をこの目で見た。
 どんなことも、自分自身の選んだ道を信じて進んできた。
今度だって、自分で選択肢を選んで、行動していくしかない。
だけど、今となってはもう、どの道を選んでも間違っているような気がする。
どんな決断をしたとしても、やがて行き着く場所にあるのは屍の山と暗闇じゃないのか‥‥
――「どうする」なんて、答えられない。
 絶望が心を埋め尽くしたと同時に、桜井は口を動かしていた。
「岡田くんは、どうするんですか」
 問い返された岡田が、桜井の目を見た。
最初の一言を言ってしまうと、あとは次々に言葉が続いた。
「俺、もう、そんなこと考えられなくなってる。
自分がどうしようとしてるのか‥‥自分自身がわからなくなった。
‥‥知ってる人たちが殺し合いを始めて、俺も一人‥‥死なせて‥‥。
今日まで築いてきたもの、全部失くした。
―――『どうする』なんて、答えられませんよ‥‥何も考えられないんだから」
 やり場の無い憤りを、桜井は質問にして岡田にぶつけた。
「教えてくださいよ。岡田くんなら、どうするのか」



159 :133@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/03 02:36 ID:7gnM7iJq

 岡田は桜井を見つめたまま、彼が言ったことを反芻した。
ならば自分は、どうするのか。
右腕の傷が、また熱を持ち、痛み出しているような気がした。
 このゲームで、自分が最後まで生き残るとは思えなかった。
この十数時間のあいだに、遅かれ早かれ、自分は死ぬだろうと思う。
桜井は、「今日まで築いてきたものを全部失った」と言った。
それから、一人死なせたとも。どちらも、自分にも同じことが言えた。
松岡が指摘したとおり、井ノ原を見殺しにしたのは事実なのだから―――。

 ふと、何時間か前、井ノ原に会う前に考えていたことを思い出した。
“なんで人って、こうまでして生きようとすんのやろ。”
 そうだ。たしか自分は、そんなことを考えながら歩いていた。

なぜ、こんな状況になってまで、生きのびようとする?
自分を助けてくれた仲間を殺しておいて?
まして傷を負っていて望みも薄く、何より、
「生きる」ことを望んでいない自分が、これからどうしようと言うんだ?

 考えた後、岡田は、ナップザックの中を手探った。
そして残り一つの手榴弾を取り出すと、桜井が驚愕して目を見開いた。
岡田はその桜井の顔を見て、自分でも驚くほど静かな声で言った。
「じゃあ、俺と死のうか。桜井」



160 :ダークな代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/03 02:40 ID:7gnM7iJq
以上でございます。すごく理屈っぽくてわかりづらい回ですね‥‥
おまけに最近、バトルも笑いもなくて話が重たく湿っぽくなる一方で、
もうちょっと順番を考えりゃよかったと反省しております。

161 :ななしじゃにー:02/06/03 09:10 ID:AI73KEuB
代打屋さん乙カレー様。
一緒に死のうときたか。そうきたか。
そういえば何の共通点もなさそうだけど、キャッツ繋がりなんだね、この二人。

162 :ななしじゃにー:02/06/03 11:37 ID:50oc9RrM
代打屋さん乙彼サマー!
おお、凸カコイイ!しかし手榴弾・・・バラバラになっちゃうよ・・うう、想像したくない(w

163 :ななしじゃにー:02/06/03 13:33 ID:OlGgTHjY
凸に暗く言われたら、それでもいいかと思ってしまいそうだ…
傘がどうするか期待!!

164 :ななしじゃにー:02/06/03 22:57 ID:jLbBR+Wa
ダークな代打屋さんもイイ!ここ最近読みながら息止めちゃってます(w

165 :連絡代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/04 01:35 ID:uva6mN2q
ごめんなさい、今日はちょっと更新できなくなりました!

166 :ななしじゃにー:02/06/04 01:45 ID:9YFd0uN2
マターリとお待ちしております。がんがれー>代打屋さん

167 :ななしじゃにー:02/06/04 04:49 ID:hTpXmtb5
自担はまだだ。引っ張るなあ(藁
楽しみにしてます。

168 :太鼓屋:02/06/04 18:48 ID:qoIxGnmd
がんばって代打屋さん。
定期ミ・д・ミ <ほっしゅほっしゅ!

169 :ななしじゃにー:02/06/05 00:58 ID:1Pfx8xhy
ここに感化されて今日DVDでバトルロワイヤルを見ました。
藤原って平安みたくフェミニンな顔立ちで八重歯がか●いいのに、平安より
グット凛々しく見えるのはなぜだろぅ...
でもいくら間●け面でも、平安の方が好きなんだよな。。。

170 :ななしじゃにー:02/06/05 02:15 ID:9+AkMGcU
>169
平安もダンス踊ってる時は、ハンパなくカコイイと思ってるのは自分だけ?

171 :134@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/06 01:51 ID:fRuaiJGJ


「――心中‥‥ってことですか‥‥」
「言うたら、そういうことやな」
 桜井は強張った表情で、淡々とした口調で言う岡田と、
その手の中の手榴弾を見比べた。
こんな小さなものなのに、二人の人間の命を奪うことが可能なのだ。
「何も考えられないって、言ったな。
死んだら、もう何も考えないで済むんちゃうか」
 岡田が低く呟く声は、不思議に魅惑的な響きをもって桜井の耳に届いた。
手榴弾。威力はどれくらいなんだろうか。
一瞬ですべて片付くんだろうか。少なくとも、自分のボウガンよりは簡単そうだ。
桜井の胸の内を読み取っているかのように、岡田が続ける。
「ほら。上のピンを抜いて、地面にぶつけるだけで起爆する」
 岡田が差し出したそれを、桜井は震える手で受け取った。
そうだ。結末は同じ。ならば、それが遅いか早いかの違いしかない。
もう幕を引いてしてしまえばいい。自分自身の手で。
桜井はピンの先についたリングに指を掛けると、目を閉じた。
瞼の裏に思い描く。このピンを引き抜いた後に待ち受けている光景を――――

だが、脳裏に広がった血の海に横たわっている人間は、自分ではなかった。
―――二宮!

 反射的に、桜井は両目を開けた。
リングに掛かっていた指が離れた。岡田が怪訝な様子で、桜井を見上げる。
「‥‥俺は、死にません」
桜井は苦しげな表情で岡田を見つめて、はっきりとした口調で言った。
「死んじゃいけないんだ。こんな形じゃ」



172 :135@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/06 01:54 ID:fRuaiJGJ


「どういう意味‥‥」
 小さく問いかけた岡田に、桜井は手榴弾を返した。
「―――このゲームが始まって、俺が原因で、一人死にました。
たぶん、その一人は、生きていたいと思ってたはずなんです。
だから俺は、そいつが失くした分の命を引きずらなくちゃならない。
こんな‥‥こんなふうに、俺が望んで楽になっちゃいけないんです。
もっと、もっと苦しんで、死んだヤツの何十倍も苦しんで死ななくちゃならない」
 そうだ。あのとき、俺はあのとき、泣く資格なんかないと思ったじゃないか。
それなら、自分から命を捨てることなんか、許されるわけがない。
桜井は自分自身への戒めを口に出した。
「それが、誰かを死なせた人間に課せられた罰だと思うから」

 岡田は愕然としてその言葉を聞いた。
俺と桜井は同じ立場にいる。
ならば自分も、その意思に関わらず、このゲームの中を生きなければならない。
 桜井の理屈を覆すことは簡単だったのかもしれないが、
そのときの岡田には、そんな気持ちは起きなかった。
「―――そうか」
 ぽつりと言って頷くと、岡田は桜井から手榴弾を受け取った。
「どこにも逃げ場はない、ってことか」
「‥‥はい」
 岡田は手榴弾をナップザックにしまうと、左手をついて立ち上がった。
一緒に行動しようなどと言い出す様子は、どちらにもなかった。
 別れる前に、岡田は何か言おうとしたが、
こんなときになんと言えばいいのか、思いつかなかった。
「‥‥じゃあな」
結局、ごくありふれた言葉をかけると、
桜井は追い詰められた表情で、会釈を返した。
 それから二人は、どちらからともなく別々の方向へ歩き出した。



173 :遅くなりまして代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/06 02:02 ID:fRuaiJGJ
以上でございます。や、やっとここまでこぎつけた‥‥
これからようやく後半戦(パニックさん、使わせてもらいますた)突入となります。
鯖移転で長文が平気になったので、消費ペースも少し下げられそうで安心しています。

皆さん、いつもレスありがとうございます。これからはガシガシ殺っていきますので!

174 :ななしじゃにー:02/06/06 02:14 ID:ppxZl5qv
よくよく考えたらこの2人(凸と傘)の仇は同じ紫なんだなぁ。
末っ子と中堅も同じで博様だし。
だけどこの2組は違う境遇なんだよね。
それぞれ2人は同じ境遇だけど2組は違う。面白い。
今後の展開が気になるばかり。飽きさせませんなぁ〜感心。

175 :ななしじゃにー:02/06/06 02:17 ID:0h3b9wve
乙彼です代打屋さん。
対照的ですね・・>凸と傘
ひ、一人で自殺しちゃうのかな凸・・・。
後半戦(・∀・)ワクワク。自担がどんな風に氏ぬのか楽しみになってきてる罠(w

176 :ななしじゃにー:02/06/06 08:58 ID:hhZVDYB9
代打屋さん乙彼様。
自分嵐には詳しくない他担だけど、傘のキャラが思っていた傘のイメージと重なって、なんか納得の流れ。
後半戦楽しみにしてます。

177 :ななしじゃにー:02/06/06 23:34 ID:R3CTn1f1
代打屋さん乙です。
後半戦もがんがってください。

178 :ななしじゃにー:02/06/08 15:17 ID:elDZFTGn
代打屋さん、大ファソです(ポッ
感情の動きを表現するのがウマーいなといつも偉そうなことを思って
読んでます。この後もムネワクだわ。

179 :136@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/09 03:07 ID:1N5HqksA

 右の袖口に何かが引っかかっていることに気がついて、
松本潤は顔をしかめたまま、左手でそれを取った。
催涙スプレーをかなりの至近距離でかけられたせいで、
まだ目が痛み、涙も止まらないため視界がぼやけている。
 それは指の先ほどの小さな銀色の輪で、かすかに血がついていた。
森田のピアスだと判って、松本は腹立ちまぎれにそれを投げ捨てた。
――ムカつく。どいつもこいつも、ムカつく!
 松本は早足で歩きながら、腹立たしさに唇を噛み締めた。
もう少しで拳銃が手に入ったのに、
尻尾を巻いて逃げ出したこともプライドを傷つけたし、
突然現れた相葉のことも、思い出すとムシャクシャしてきた。
「やめろ」なんて言って、そのくせ直接手出しをすることもなくどこかへ消えた。
もしあそこで手を止めていたら、自分は森田に撃たれていただろう。
きっとあいつは、このゲームが始まってもただオロオロするばかりで、
運だけで生き残ってきたに決まっている。
生きるためにはどうするべきなのか、なにもわかっちゃいないんだ。
相葉といい、前に会った桜井といい、ガキみたいに綺麗事ばかり信じている。
 考えれば考えるほど、ムカつくことばかりが思い出された。
――イライラする。誰でもいいから、ぶっ殺してやりたい。
 たった一度、だが、人を殺したときのあの爽快感は何にも換えがたく、
まるで麻薬のように松本を魅了してやまなかった。

 そのとき、涙で曇った景色の中、自分の前を歩いている人影に気付いた。
足取りは何か躊躇っているように重く遅く、それで松本が追いつけたのだろう。
自分よりも小柄なその後姿には、なんとなく見覚えがあった。
それと同時に、松本はさっきまでの苛立ちが一気に静まっていくのがわかった。
 そうだ、この気分を晴らすには何も森田でなくとも、誰でもいいじゃないか。
その点で前を行く堂本剛は、おとなしそうで温厚そうで、手頃な獲物といえた。


180 :137@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/09 03:08 ID:1N5HqksA

――急がな。
 堂本剛は、片手に握りしめている地図を見ながら、
かすかに額に浮んだ汗をもう一方の手で拭った。
集落への道は予想外に長く、歩き通すにはつらい距離だった。それに‥‥
――さっき、どっかで銃の音がしてた。
思えばこのゲームが始まってからずっと、誰かしら行動を共にする人間がいた。
(もっとも、そのうち一人は錦織で、あんなことになってしまったが)
独りになって、いつ襲撃されるかもしれない状況で、
ひたすら歩くというのは、思った以上に心細く、不安なことだった。
けれど、自分の勝手な提案で、待たされている坂本と大野のことを考えると、
そんなことは言っていられない。剛は、それを支えにして足を進めていた。

「つよしくん!」
 突然、背後から声をかけられて、剛は一瞬身を竦めた。
恐る恐る振り返ると、松本潤が怯えているような、安堵したような、
微妙な表情を浮かべてこちらを見ていた。
だが、その手の中に大振りな日本刀があることに気付いて、剛はギクリとする。
ナップザックには大バサミがある。敵わない武器ではないかもしれない。
だけど、もし松本が「やる気」だったとしても、自分にそれを取り出せるだろうか?
また動けなくなってしまうかもしれないし、血生臭いことには元々抵抗がある。
でも、自分を待っている人間がいるんだから―――


181 :138@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/09 03:10 ID:1N5HqksA

 剛が一瞬で思いを巡らせたとき、松本がよろけるように歩み寄ってきた。
思わず後退ってしまうが、そのとき、松本の顔が目に入った。
 頬を一筋、涙が伝っていた。見れば、白目の部分も真っ赤になっている。
「あの、そっち、行っても‥‥いいですか」 尋ねた声はか細く弱々しかった。
「―――あ、ああ」 剛は驚きで、ぼんやりとしか答えられなかった。
 剛の返事を聞いた松本の顔に、微笑みが広がった。
「ありがとうございます!」
 松本は心底安心した様子で明るい声を出すと、隣に駆け寄ってきた。
それから剛の視線に気付いたのか、涙をふいて照れ隠しのように笑顔を見せた。
 その笑顔を見て、剛は邪推したことを後ろめたく思った。
――あかん、俺。嫌なヤツになってた。
 松本はゲームの参加者でも最年少で、あまり肝が座っているふうでもない。
メンバーとも引き離されて心細かったんだろう。考えてみれば当然だ。
自分が怯えていたように、彼もまた怖かったのだろう。
それで、自分を見かけて頼ってきたくれたのだ。それを疑ってしまった。
――ごめんな、松潤。



182 :おこんばんわ代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/09 03:16 ID:1N5HqksA
「テレホ時更新」とかいってしょっちゅう遅刻してます、代打屋です。
今日は以上でございます。

皆さん、いつもレスありがとうございます。
キャラのイメージ、合ってますでしょうか。そう言われると嬉しいですね〜。
バトロワ書き始めて、慌てて番組や雑誌をチェックしてる人達がわりといます‥‥

183 :ななしじゃにー:02/06/09 03:26 ID:odpW/pw3
代打屋さん乙彼様。
Σ(lll゜Д゜;)ヤバッ!どつよ!!
金田一コンビの続きが気になって眠れないよぉ。
楽しみにしてます。がんがってー!

184 :ななしじゃにー:02/06/09 03:56 ID:hzzQ/CQt
ん…妙なデジャヴュが…
って俺様と凸が紫に会った時だ。
うぉーやべー!!みたいな。ドキドキしますわ。
ダメだどつよ、疑心を捨てるなー、なんておかしなコト思ってます。

参考にはならないとは思いますが、自分的にはキャラ合ってます。
自担が特に。ツボは日記兄さんが最強なんじゃないっすかね。
「カッコわる…」の最後の台詞が未だに忘れられないっす。
色んなメンバーの思いが交錯していて面白いです。
それが引き起こす因果というか…代打屋さんサイコー。

185 :ななしじゃにー:02/06/10 01:53 ID:/zTM+NZU
ああ、同じことを思った。<俺様と凸が紫に会った時
これからどんなことが起こるのか…毎日気になりつつ真っ先にここを覗きにきてます。
代打屋さん、大変でしょうけどがんがって。
自分もキャラに違和感ないのでこれでいいと思います。

186 :ななしじゃにー:02/06/10 02:33 ID:V2lMev0i
私も日記兄さんの最期が忘れられない。カコヨカタ・・・。
あと忘れられないと言えば、末っ子の最期も。

自坦(と言うかG)もキャラに違和感感じないですよ。
むしろ個人的には(・∀・)イイ!です(w

187 :ななしじゃにー:02/06/10 11:17 ID:2TrEEqCk
割と最初の方にとっととお亡くなりになった担ですが、
行動にいつものアホさ加減が出てて非常に良かったです。
自Gもみんなキャラぴったりですよん。


188 :139@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/11 02:03 ID:6TURbwCt

ここはいったいどこなんやろ?
もう永いことおんなじトコロをぐるぐる走りまわってる気ぃーするわ
なんか背中が痛い。
けど急いで逃げな、にげなあかん、おいかけてきてる。
あれ? そういや、いのっちはどこ行った?
さっきまでずっといっしょにおったはずなのに、人のこと置いて逃げたんか、
ひどいやないか、なんでそんなことできんの、ひどすぎるわみんな!
‥‥皆? みんなって誰?
そういえば、みんなどっかへ行ってしまった気がする
もしかしたら追いかけてるのはこっちの方?
でもだれをおいかけてんの? なんでおいかけてんの?
おかしいなー皆一緒におったはずなのになー、だって今日パーティーやろ?
でもジャニーさんはおらんかったな。
なんでやろ。ジャニーさん主役って話やったのに、今日。
ああ、なんかすごい喉が渇いてきた。
どれくらいはしったらおいつくんかなあ、みんなに。
でもやっぱりあの子らが追いかけてきてる気がする。まつじゅんたちが。
もしかしたら、皆おんなじ輪の上をぐるぐる回ってんのかもしれない。
追っかけてるのか追っかけられてるのか、もうわからんようなった‥‥
せなかいたい。



189 :アイタタタ代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/11 02:09 ID:6TURbwCt
す、すんません、頑張ったけどこれが私には精一杯でした‥‥
もうちょっとうまく表現できないものか‥‥うう。

皆様、レスありがとうございます。
う、うれしい‥‥これからも楽しんでいただけるものを書かせていただきます。

190 :補足代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/11 02:10 ID:6TURbwCt
あと、関西弁インチキでごめんなさい‥‥

191 :ななしじゃにー:02/06/11 02:27 ID:v1SAET71
代打屋さん乙です。
関西弁だったので一瞬どつよが歪に背中切られたのかとヒヤッとしました(w
ああ、長老が可哀想な事に・・・(泣

192 :ななしじゃにー:02/06/11 18:50 ID:kW5LEpDb
乙刈れです。
関西弁は…許容範囲ですので大丈夫かと…。
ネイティブじゃないと難しいですよね(w

193 :ななしじゃにー:02/06/11 20:58 ID:T1kXFMeO
うあああっ!剛ピーンチ

194 :ななしじゃにー:02/06/12 23:29 ID:GAYy+VuG
今日スレ見つけて一気に読んだ。面白いです。続きが気になります。

どつよピンチもドキドキだけど、今後、博様や紫が誰と出合うのかを
考えただけで(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


195 :ななしじゃにー:02/06/13 08:24 ID:JBf/G0sx
こんなスレタイだから、前のバトロワスレから
張りついてる人しか、ここを始め他二つの
バトロワスレに新たに辿り着ける人は
少ないんだろうな。
面白いだけにちと勿体なかったり…。

196 :ななしじゃにー:02/06/14 00:37 ID:IefCCiRx
>>195
過去ログ嫁
何度も張ってあるだろが。

197 :ななしじゃにー:02/06/14 03:06 ID:c6cOqsnu
>196
>195は別に自分が辿り着けないと言ってるわけではないと思うが。

198 :ななしじゃにー:02/06/14 21:41 ID:jHVjknP7
>197
フォローセンキュー。
自分は代打屋さんがあらわれる前からバトロワスレ
張り付いてる身なのだが、三つ共すごく面白いだけに
辿り着けない人は勿体無いな〜って思ってね。
勿論リサイクルスレなのは、荒氏防止なのは分かってるんだけどね。

199 :ななしじゃにー:02/06/14 23:35 ID:QZY5f67N
自力で見つけることもネタスレの楽しみの1つなのでは。
ヒソーリマターリいきましょう。

200 :ななしじゃにー:02/06/15 02:07 ID:RivXLkD2
代打屋さんの続きがものすごく気になって仕方ありません。
忙しいのかな?もしかしたらサカー見に行ってるとか。

201 :141@:02/06/15 02:26 ID:yf0orH+L

 頬の傷が疼いている。
その痒みを堪えきれず、松岡昌宏は塞がりかけていた傷の表面を、
自分の指で引っ掻いて、毟り取ってしまった。
指先についた黄色っぽい血と皮を見て、松岡は舌打ちした。
 ついていなかった。
集落から脱出した後、松岡は島の端にあった船着場で休憩していたのだが、
さっきの放送で、そこが立ち入り禁止区域に指定されてしまった。
もちろんそれで死ぬのは御免だから、すぐさまそこを離れたが、
もう少し体力が回復してから動き出したかった。
 とりあえず、いつでも応戦できるように、拳銃とブレードナイフを用意する。
ふと見ると、ナイフは、刃のところはそれほど汚れが目立たなかったが、
刃の付け根や、柄の細かな隙間には真っ黒く変色した血がこびりついていた。
 それに気がついて、松岡はどきりとする。
なぜかその血は、殺した者の亡骸以上に生々しく、痛々しいものに映った。

 松岡がナイフから目を逸らせずにいると、
背後で「ひっ!」という悲鳴とも呼吸ともつかないひきつった声が聞こえた。
咄嗟に身構えて、勢いよく振り返る。
と、その正体に気付いて、松岡は一瞬だが激しく動揺した。
「‥‥リーダー‥‥」



202 :ぎゃー!!代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/15 02:28 ID:yf0orH+L
途中でEnterキー押しちまったああ!!
すいませんすいません、私があげてどうすんだ!

203 :代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/15 02:30 ID:yf0orH+L
すみません、ちょっと不穏な動きがあったんで様子見してたんですが、
自分でこんな馬鹿をやってしてしまいました‥‥
まことに勝手ながら、ちょっと沈むまで逝かせてください。

204 :ななしじゃにー:02/06/15 02:44 ID:RivXLkD2
>代打屋さん
すぐに帰ってきて下さいね、楽しみに待ってます。

205 :ななしじゃにー:02/06/15 10:34 ID:kDKbQeOH
代打屋さん〜こんなイイところで…早く戻って来て下さいな。
長老相手だと、やる気マソマソの紫の心にどういう変化が起きるのか楽しみ。
とにかく早めのご帰還をお祈りしておきます。

206 :ななしじゃにー:02/06/15 11:38 ID:UcQJOZV7
>代打屋さん
うわあああ、心臓バクバクするこの展開!
紫が自らのウィークポイント長老と出会うとは。
楽しみでハナヂ出そうです。お待ちしてますね。

207 :ななしじゃにー:02/06/15 12:52 ID:5EB9AAo7
自分もこのシチュエーションに鼻血でそうです。
ほんとウマイよ、代打屋さん(ソンケー 
早く読みたいけど・・・おとなしく帰ってこられるのをお待ちしてます。

208 :142@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/16 02:28 ID:YYWoPiHj

 自分たちの座っている場所を覆っている木の陰が、
剛が出発したときよりも、だいぶ動いてしまっている、と思った。
――遅い。
 坂本昌行は、しだいに不安が募ってきた。
自棄になっていたとはいえ、あんなこと、言わなけりゃよかった。
先程、大野との短い会話をしてから、剛のことを考えると心配で仕方が無い。
「大野」
 隣の大野に呼びかけた声が、予想以上に苛立った響きを持っていた。
さっきから自分ばかりが焦っているようで、なんだか少し癪だ。
「遅すぎねえか、つよし。
もう長いあいだ待たされてるけど、何かあったんじゃないのか?」
「けっこう距離があるんじゃないですか。知らない道だし」
「それにしたって‥‥」
「何かあったら、花火があがるはずですよ」
 ぼそぼそと他人事のように答える大野に、
坂本は、けど、と言い返した。
「それもできないような事態になっちまったのかもしれないだろ。
荷物を奪われたとか、それこそ、銃か何かで、一発で‥‥」
 そう言うと、大野も少し、訝しげに眉根を寄せる。
坂本は、我慢できなくなって木の幹に手をついて立ち上がろうとした。
「ダメだ。俺、今からでもあいつ追いかけるよ」
「なに無茶言ってんですか」 大野が呆れた顔でそれを制する。
「黙って待ってるなんてできないだろ!」
「そんな足で追いつけるわけないでしょう。第一、行き違ったらどうするんですか」
 二人が言い合っているとき、林の奥に人影が見えた。
ハッとして坂本がその方向に視線をやると、
大野も立てかけていたライフルに飛びついた。
 背格好からして、剛ではない。その誰かは、ゆっくりとこちらへ近づいてきた。


209 :143@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/16 02:29 ID:YYWoPiHj

 林の中から姿を現した山口達也は、
二人の姿を見るなり「うおっ!」と声をあげて立ち止まった。
「山口!」「あ‥‥坂本と、大野?」
 きょとんとした顔で山口がつぶやいたが、
大野は依然として険しい表情でライフルを山口に向けている。
「ちょっ、おい、大野それ下ろせって」
 それに気付いた坂本が慌てて言うが、
大野は耳を貸さずに、山口に「武器は?」と尋ねた。
山口はうろたえた様子で、それでも抱えていたスコップを少し掲げて示すと、
ゆっくりとした動作でそれを地面に下ろし、すぐに両手を頭の上まであげてみせた。
「それだけですか」 大野が続けざまに問う。
「あ、ああ、他は支給された荷物と鍋のフタだけだ。確かめてくれ」
 そう答えて、山口は背負っていたナップザックも地面に下ろした。
大野は銃口を向けたまま、山口に近づくと、手早くその中をあらためると、
「嘘じゃないみたいですね。動いていいですよ」と言った。



210 :ななしじゃにー:02/06/16 02:51 ID:aoJgO907
>>代打屋さん
お疲れ&いつもありがとうございます!!
うわぁ…今度は副将が登場かぁ…。
紫と長老はどうなったんだろう。
要所要所がすごく気になります。代打屋さん、ほんと上手いっす。

211 :ななしじゃにー:02/06/16 02:58 ID:HOzSTrc8
の"ぉぉぉぉー!代打屋さんお帰りなさい。
紫&長老、どつよ&歪、何様平安&副将、ドキドキな展開だ。
あと生き残ってるのけど、ヨロヨロのひらとか傷心の傘&凸も
とてーも気になってます。がんがって。

212 :ななしじゃにー:02/06/16 18:20 ID:0X/7oweS
はぁぅっ!副将登場っ!!このまま仲間に加わるんだろうか。続きが気になる〜っ
やる気紫と錯乱長老の方も気になります。本当は紫と副将に出会って欲しかったんだが、
今の長老の精神状態を考えるとこの出会いが紫に何かをもたらしてくれそうで面白いです

…でもやっぱり副将と紫が出会って欲しい自分は某スレ住人…。

213 :ななしじゃにー:02/06/16 20:26 ID:9Q/a3gHM
>212
うーん気持ちはわからんでもないが、むしろわかるが、
(自分も自担に是非とも出くわして欲しいメンバーがいるしね)
そーゆう具体的なリクエストっぽいレスはあんまり…正直萎えかも…
もっと誰と誰かを濁してみたり、自分の脳内に止めてほしいと個人的には思うけど…
それは私の勝手であって、皆様はそーでもないのかな。
でも代打屋さんマンセーなのは一緒ですしね(w

全部イイトコで止められてて憎いです。
そして紫、長老が非常に気になるトコロ。
副将何様平安も皆理性派っぽいのに何か一悶着起こりそうな予感が…
そしてどつよは最大のピンチを迎えているし…
ほんっと面白いです。気長に更新楽しみにしてます。

214 :144@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/17 03:04 ID:Ls1H5Kp9

 松岡昌宏と城島茂は、少しのあいだそのまま対峙していた。
両者とも、体が硬直したように動かなかった。
城島の、ひゅーっ、ひゅーっ、という呼吸の音がやけに大きく響く。
――何を、躊躇ってんだよ!
 松岡は先刻の動揺を振り切るように、頭を横に振ると、
ナイフをベルトに差して、代わりに拳銃をその右手に持った。
「うああぁ!」 それに反射するように城島が、よろけるように走り出す。
 すぐさま松岡もそれを追いかける。
なぜか遠距離から撃つということは、考えつかなかった。
今の状態の城島では、松岡の脚から逃げ切るなどできるはずもない。
もつれそうになる足で、何度も後ろを振り返りながら走っているうち、
飛び出していた木の根につまづいて城島はその場に倒れた。
それでも首だけで振り返ると、息を切らせた松岡が、すぐ目の前に立っていた。
「やめてくれ、殺さんでくれ!!」
城島は声を絞り出すように叫びながら、尻餅をついたまま後退りする。
すでに恐怖で立ち上がれなくなっていた。
松岡は乱れた呼吸を無理やり抑えて、なおも逃げようとする城島に歩み寄ると、
履いている綿パンツの裾を足で踏みつけた。
城島は錯乱して平手で松岡の足を振り払おうとするが、松岡は微動だにしない。
「‥‥じゃあな‥‥」
松岡は口の中でつぶやくと、右手で拳銃を構え、左手を添えた。
引き金に指をかける。慎重に、正確に、狙いを城島の胸に定めた。
――絶対に、一撃で‥‥。


215 :145@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/17 03:06 ID:Ls1H5Kp9

「なんでやぁ、なんでなんや松岡ああー!!」
城島が、恐怖で顔を引きつらせて叫ぶ。
 それを無視して、松岡は引き金を引こうとした。
だが、自分の意志とは裏腹に、指が強張ってそれ以上動いてくれない。
――なんで。
そのことに、松岡はうろたえた。
何故。今まで通りにやればいいだけのことじゃないか。
俺は殺れるはずだ。
例えその相手が後輩だって、親友だって、長年一緒にやってきたメンバーだって‥‥
――今更、迷ってんじゃねえよ!
しかし、どんなにそう思っても、松岡の指は硬くなったままだった。
なにか城島が喚いているが、それはほとんど意味不明の言葉になっていた。
噴き出した汗が、額からこめかみ、頬を伝ってくる。
緊張したままの指先は、しだいに痙攣しはじめた。
――‥‥殺せない‥‥?
 不意にそう思った途端に、全身の力が抜けた。
と、その一瞬の隙に、松岡の足の下から裾が外れて、
突然城島が立ち上がり、一瞬呆然とした松岡の脇をすり抜けて一目散に走り出した。
それを視線で追いかけて、松岡はハッとした。
城島が逃げていった方向の風景に、見覚えがあった。
それが、意味することは―――
「そっちに行くな!!」
怒鳴ると同時に、松岡は城島を追って駆け出した。


216 :146@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/17 03:07 ID:Ls1H5Kp9

 青ざめ、がくがくと振えながらも城島は全速力で走った。
「待てよ!! おい、待てって!!」
背後では松岡が怒鳴っている。
――あかん。絶対、立ち止まったらあかん!!
もう城島は振り返ろうとはしなかった。
振り返らずとも、追いかけてくる松岡の顔は想像できる。
きっと、あの拳銃かナイフを振り上げて、悪魔のように笑いながら、
あるいは、鬼のように怒りに目を吊りあげて、自分の背中を見ている。
 それでもまだ、崩壊した心の片隅に、信じたくない気持ちがあった。
――なんでなんよ? 松岡。
なんで松岡が僕を殺さなならん?
自分、そういう人間とちゃうやんか。気のいい、明るいええヤツやったやんか。
なんか、松岡に恨まれるようなことしたんか?
そんなはずないやん。ウチら五人で、仲良くやってたはずやん―――
 そのとき、突如耳のすぐ近くで、
ピーッという耳障りな電子音が響いた。
びくっとして城島は立ち止まる。
電子音はそのまま止まることなく、ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、
と目覚し時計のように鳴り続け、次第に大きくなっていく。
その音は‥‥城島の首にはめられた、あの首輪から発せられていた。


217 :147@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/17 03:09 ID:Ls1H5Kp9

 音に気がつき、松岡も反射的に足を止めた。
「茂くん!!」
大声で呼びかけると、首輪に手をやった城島が怯えた顔で松岡を振り返った。
徐々に大きくなっていく音が、耳を刺すようにヒステリックに聞こえる。
だが、松岡の首輪からはその喧しい電子音は出ていなかった。
つまり、城島と自分とのあいだにある、3メートル弱の距離のどこかに、
立ち入り禁止区域とそうでない場所を隔てている境界線があるということだ。
それなら、まだ望みがあるかもしれない。
すぐにその境界線を踏み越えて、こちらに戻ってくれば、あるいは。
「こっちに戻ってこい!! そこは禁止エリアだ!!」
 松岡は声の限りに叫んだ。
聞こえているのかいないのか、城島は目を見開いたまま首を振る。
「戻れよ!! 俺は、何もしねーから! 早く!!」
 そうだ。俺にはこの人が殺せない。死んでほしくない。
松岡はすでにそれを認めていた。ただ死なせたくないと、必死だった。
しかし、やはり城島は、激しく首を横に振るだけだ。
電子音が高く、そしてしだいに速くなっている。
ピッ、ピッ、ピッ、ピッピッピッピッピッピッピピピピピピピピピピピピ‥‥
そしてついにその音が、ピーッと長くけたたましく響いた。
臨終を告げる心電図の音に似ていた。

「リーダー!!!」

 松岡の絶叫に、ぐしゃっという破裂音が重なった。



 【城島茂死亡 残り13名】



218 :マズー(゚д゚)代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/17 03:21 ID:Ls1H5Kp9
こんばんは。遅くなりましたが、今日はここまでです。
長老担の皆さん、こっちでもこんなことになってしまって申し訳ありません‥‥

いつもレスありがとうございます。
内容が多少リクエストっぽくなってしまっても大丈夫ですよ。
いや、本当にリクエストっていう形でリクエストされたら困りますが(変な言い方だ)
というよりリクエストに答えられる自信がないので‥‥(ニガワラ
多少の希望とか先読みくらいなら、逆にヒントになったりもしますので、私自身は平気なんですが。
読んでる人が萎えだったらちょっと考えなくちゃダメですかね。
なにをいいたいのやらまとまらなくなってしまいました。では、失礼します。

219 :パニック ◆PANICkI6 :02/06/17 04:16 ID:SM/RWugm
ガクガク(((( ゚д゚;))))ブルブル
なんか・・・やるせないよう。禁止エリアに引っかかっちゃうなんて。

乙カレーです。
いままでのお話もこの展開も萎えませんよ。むしろ萌えます。
代打屋さんの書きたいように書いてくだされば、私はいいと思います。

220 :ななしじゃにー:02/06/17 04:19 ID:SM/RWugm
あああ、話の内容にビビって脊髄反射レスしたらコテハン消し忘れ・・・。
はずかスィ。回線(略)

221 :ななしじゃにー:02/06/17 08:10 ID:IFoLUE/O
なんともはやリーダー&マボ〜(涙
殺してないのに死んじゃうリーダーがさもありなんで号泣!


222 :ななしじゃにー:02/06/17 10:12 ID:2lmLUgma
代打屋さん乙です。
長老のヴァカーーーッ!!
せっかく助かったかもしれないのに。
紫はこの先、どうするんだろう?

223 :ななしじゃにー:02/06/17 13:09 ID:Q3jcmIrn
いくらなんでもヴァカはひどい…

224 :ななしじゃにー:02/06/17 13:19 ID:pcH2C63x
すげー、一気に読んでしまいました代打屋さん!
担当グループなだけに、ドキドキ感も上がりました。
そういえば、末っ子の最後を中堅が看取り、
長老の最後を紫が看取った形になるのですね。

225 :ななしじゃにー:02/06/17 22:13 ID:YtAarDpb
切ないッス…
死んでしまったのもそうだけど、
すれ違ったままなのが何ともやりきれない…
今後紫は暴走するのか、戦意喪失してしまうのか。
まだ気になる所もあるしー(どつよと松潤とか
紫と長老が自分のイメージと被りすぎてやられました。
あーどうなるのかハラハラ。

226 :ななしじゃにー:02/06/17 22:41 ID:AJrmphq/
実際は殺せなかったけど、
でもやっぱり長老殺したのは紫・・・
そんな切な〜い感じで涙。
サヨナラ、長老・・・ブエーン

227 :ななしじゃにー:02/06/18 00:50 ID:cEVd46ZG
長老よ永遠なれ

228 :148@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/18 01:19 ID:26WH54y5

「お前ら、ずっと二人で行動してたのか?」
 山口達也は坂本の正面にあぐらをかいて座り、そう尋ねた。
やはり、彼の目から見ても坂本と大野という取り合わせが意外なようだ。
「いや、最初は違ったんだけどな‥‥」
 坂本は、湖でのことと、剛が傷の手当てをするために出かけたことを話した。
その間にあった、自分が二人と諍いになったことは、
思い出すとどうにもバツが悪く、つい省いて山口に話してしまったが、
傍らで聞いていた大野もそのことについては何も言わなかった。

「さっきの放送より前に、つよしは行ったんだよな」
 山口は、支給された時計で時刻を確認しながら言った。
「ってことは、二時間近く経ってるってことか‥‥」
「そういうことになる。遅いと思わねえか?」
 坂本が同意を求めると、大野が続いて口を開く。
「俺は、それくらいかかってもおかしくないと思いますけど」
山口は二人の顔を交互に見ると、今度は地図を開いてそれをじっと見つめた。
そのままの態勢で少し考えていたが、やがて、
「俺も大野と同じ考えだな。俺もこの灯台からずっと歩いてきたけど、
つよしの歩きは俺よりももう少し遅いだろうし、
ここと集落を往復するんだったら、あと一、二時間はかかると思う」
 山口の言葉を聞いて、大野も頷いた。
坂本はまだ不服そうな様子を見せながらも、「そうか」とつぶやいた。
そんな坂本を見て、山口は思い立つと、
「もし、坂本がどうしても気になるんなら、これ使えよ」と、
自分が武器のつもりで持ってきたスコップを差し出した。
「‥‥これ、どうしろっていうんだ?」
 坂本が戸惑った様子で聞き返すと、
「お前が使うには、長さが足りないだろうけど。
松葉杖の代わりにすれば、少しは、歩きやすいんじゃないかな」
 山口はそう答えた。
それを聞いて、坂本も「ああ‥‥ありがとうな」と、礼を言った。
山口はそれに頷きを返すと、片膝をついて立ち上がった。
「それじゃ、俺はそろそろ行くよ」


229 :149@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/18 01:22 ID:26WH54y5

「えっ?」「行くって‥‥山口くん、これからどうするつもりなんですか」
 その言葉に、坂本も大野も、驚いて山口を見上げた。
「あの、お前が良かったら、俺たちと一緒に動かないか?」
坂本は咄嗟にそう口走っていた。
剛が無事に戻ってきたとしても、そのときは大野が離脱してしまう。
そのときに、山口がいればずっと心強いだろうと思った。
 だが、山口は「いや‥‥」と言葉を濁して、心持ち首を傾げると、
「俺は、いいよ」
と、呟いた。
「どうして」 坂本が食い下がろうとすると、
大野が「何か、考えがあるんですか」と尋ねた。
「ああ」
 山口は深く頷くと、口を開いた。
「どうしても、見つけ出したいヤツがいるんだ」
「それ、誰だよ? 一緒に探せばいいじゃないかよ」
坂本はそう言ったが、山口は首を振った。
「ちょっと、わけがあってさ。俺一人だけで片付けたいことなんだ」
 そう答えた山口の声には、有無を言わせない響きがあった。 
それで仕方なく、坂本も、「そういうことなら」と引き下がる。
「つよしに会ったら、急いで戻るように伝えておくよ」
 ナップザックを背負いなおして、
立ち去り際に、山口は坂本と大野にそう言った。
「ああ」「頼みます」
「それじゃあな」
 山口は軽く右手をあげると、再び、林の奥へ消えていった。



230 :簡潔にいきたい代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/18 01:29 ID:26WH54y5
今日はここまでです。皆さん、レスありがとうございます。

ところで次回で150なんですが、
ミドル版の職人さんは200ジャストで終了させていたのに、
私は200オーバーしてしまいそうです‥‥。
すみません、やっぱりスレ大量消費してしまいますね。できるだけ簡潔に、短くできるように努めますので。

231 :ななしじゃにー:02/06/18 02:54 ID:GGxBY3pr
がんがってね代打屋さん
続き楽しみにしてまふ。

232 :ななしじゃにー:02/06/18 18:27 ID:1278mFLV
代打屋さん、いつも乙刈れさまです。今後の展開が楽しみっす。
あんまりレス消費のことは考えなくてもいいんじゃないでしょうか。
決して冗長になってるわけではありませんし、短くしようとするあまり
物語が端折られてしまうのもカナスィ。応援してますよん。

233 :150@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/20 01:30 ID:VmF0Qqot

 空が青い。
穏やかで鮮やかな、文字通り、雲ひとつ無い青空だった。
その広く雄大な様を見ていると、緊張や疑心や、殺伐とした気持ちが、
すべてこの虚空に吸い込まれて消えていくような気がした。
――この空の下、たぶん今も誰かが殺し、殺されている。
はたして、島にいるどれだけの人間がこの空を見上げているだろう。
堂本光一は、しばらくのあいだ青空を仰いでから、視線を腕時計に落とした。

 当初の予定通り、光一は島の北側の外れにやってきていた。
地図の表記では、このあたりには何もないと思われていたが、
実際に歩いてくると、木造の比較的大きな建物が見つかった。
 近づいてみると、戸や窓ガラスは外れたり割れたりしていたが、
中はそれほど散らかってはいなく、荒らされた様子もない。
入り口の前に立つと、足元の草むらの中に、板が落ちていることに気付いた。
拾い上げると、朽ちかけたその板には上下に釘を打ち付けた跡があり、
『診療所』という文字がかろうじて読み取れた。
おそらく、この島の唯一の医療機関だったのだろう。
それならば、他の場所にはない薬品や道具が手に入りそうだ。

 時刻はじきに十時を回る。二時間後に入る放送より前には、
山の頂上のベースに戻らなければならないから、
早めに用を済ませて、いま来た道を引き返したほうがいいだろう。
 光一は、入り口から少し屋内を覗いて、
誰もいないことを確かめると、中に足を踏み入れた。



234 :ななしじゃにー:02/06/20 14:45 ID:XiUsBZZJ
光一キタ−!(・∀・)

235 :ななしじゃにー:02/06/20 15:58 ID:+sETt6OX
どつよも薬を探してるんだよね。
続き、お待ちしてます。

236 :ななしじゃにー:02/06/21 23:29 ID:Ipr7zk2Y
かなーり続きが気になります。
代打屋さん、お待ち申し上げます。

237 :書き溜め職人 ◆3RpkmWIM :02/06/23 03:08 ID:ShJBRbRS
代打屋さん乙カレ様です!

書き溜め大体終了したんですが、どうでしょう。
現職人さん方が来れない夜の暇つぶし程度に、本当に軽〜く
読んで頂ければいいんで何処かにちょっとずつ落とそうかなと。
その方が気楽だ、というのも本音なんですが(苦藁
現職人さん方のに集中されたい方は無視して下さって結構です。
後からでも覗きに来て下さったらもちろん嬉しいですし。
まだすっこんでろ、という方がいたらおっしゃって下さい。
そしたらしばらくは地底に沈んどきます。

238 :嬉しい書き溜め職人 ◆3RpkmWIM :02/06/23 03:10 ID:ShJBRbRS
すごい、IDがJBRです・・・(w

239 :ななしじゃにー:02/06/23 05:31 ID:06lkxzQ1
書き溜め職人さん、ゼヒゼヒ始めちゃってください!
早く読みたいです。ただ、リサイクルしてよさそなスレが
私には見つけられません。
どなたかお願いシマス。。。

240 :ななしじゃにー:02/06/23 05:41 ID:9wk7s7rK
私も読みたいです。ココなんかは?

http://tv.2ch.net/test/read.cgi/jan/1022138026/l50

書き溜め職人さんが目をつけてるリサイクルスレがまだないのなら・・・


241 :ななしじゃにー:02/06/23 09:54 ID:vDQYSVgp
おお!書き溜め職人さん、ぜひ始めちゃってください。
代打屋さんも完結さんも長くなるのは嬉しいのだが、
そうなると書き溜めさんのがしばらく見れないと
寂しいな…って思ってたので。

242 :職人1/3:02/06/23 12:21 ID:dgXoOAJe
始めちゃってください、書き溜め職人さん。
私はどうも長くなりそうですので。
完結までたぶん月単位の時間がかかりそう(苦ワラ

243 :突っ走る書き溜め ◆3RpkmWIM :02/06/23 19:50 ID:Oxdfos1y
皆さん、職人さんレスありがとうございました。
それでは僭越ながら始めさせていただきます。
というか、カナーリ勢いでいきます。
でないと止まってしまいそうなので(苦藁
240さんが提案して下さったスレに落としますね。

http://tv.2ch.net/test/read.cgi/jan/1022138026/l50

244 :ななしじゃにー:02/06/24 00:26 ID:yZxT9BMA
書き溜めさんもですが、代打屋さんの更新も楽しみにしてますよ〜。
ほとんど信者状態ですので。(w

245 :泥酔代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/24 04:44 ID:clGjJwuk
こんばんわ(もう朝か?)。しばらく更新さぼっててすみません‥‥
で、申し訳ないんですが、ただいま酔っ払ってるので、
勝手ながら今日の夜に更新をさせていただきます。

皆様、いつもレスありがとうございます‥‥意欲が湧いてきます。
新バージョンも始まるんですね。楽しみにしてますよ>書き溜め職人さん

246 :ななしじゃにー:02/06/24 10:47 ID:Hef5/VeN
今夜が楽しみだす。

247 :私も呑みたい書き溜め ◆3RpkmWIM :02/06/24 20:21 ID:b5uTC+cD
代打屋さん、ありがとうございます。
なんとか勢いヨチヨチ歩きで頑張りたいと思います(苦藁
職人である前に一人の読者なので、代打屋さんをはじめ
皆さんの更新を楽しみにしています。頑張って下さいね!

248 :ななしじゃにー:02/06/25 00:44 ID:7qRR3rmi
代打屋さんの酔いは醒めたのだろうか。
どうか今夜更新がありますように…なーんてプレッシャーかけちゃよくないですね。
こっそりお祈りしときます。

249 :151@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/25 01:52 ID:EjIRF07+

 光一は診療所の中に入ると、玄関をあがってすぐの待合室から、
衝立式のカーテンで仕切られているだけの診察室へと足を進めた。
 日焼けしたシーツをかぶったままの診察台や、転がった丸椅子、
アルミ机の上に、割れた窓ガラスの破片と沢山の書類が散らばっている。
それらを慎重に除けながら、光一は机の上や、引き出しの中を探った。
だが、あるのは脱脂綿、ピンセット、筆記用具や事務用品の類、
それからカルテや資料といったものばかりだった。
想像していた以上に貧弱な設備しかない。
―――ここに来たのは、無駄足だったんだろうか。
 光一が迷いはじめたとき、部屋の片隅に、
古びた木の階段が取り付けられていることに気付いた。
建物自体の老朽化がそれほど進んでいないことを考えても、
踏板が腐っていたり壊れている可能性は低いだろうが、
それでも念のため、できるだけ静かに、光一はその階段を上がっていった。



250 :152@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/25 01:54 ID:EjIRF07+

―――ダルい。
 森田剛は、さっきからずきずきと痛むこめかみのあたりに手をやった。
松本潤に襲撃され、逃げられたときから、ずっと頭痛がしていた。
原因のひとつは睡眠不足だろうが、仕事の性質上、
多少の寝不足くらいは慣れているつもりだ。
極限状態とはいえ、たった一晩徹夜しただけで、
こんなふうにひどい頭痛やめまいを起こすとは思えなかった。
 それにしても、どこかに水道はないだろうか。
松本との戦いで、森田は首筋をはじめ全身に切り傷をつくり、
その血がこびりついたせいで、体中に錆びた鉄の匂いがまとわりついていた。
この匂いを洗い流してしまいたかった。
それから、少しでいいから、眠らせてほしい‥‥

 覚束ない足取りで歩いていた森田の目の前に、突然大きな建物が現れた。
近づくと、入り口のところに板切れで作った看板が立てかけてある。
そこに書かれていた「診察所」という文字を認識して、
森田はぼんやりと、それならベッドがあるよな、と思った。
ほんの何分かだけのつもりで、森田は建物の中に入っていった。



251 :153@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/25 02:01 ID:EjIRF07+

 光一が階段を上がりきると、そこは短い廊下になっていて、
いくつかのドアが向かい合わせに並んでいる。
そのうち何個かには、「101〜105」等の数字をふったプレートが
戸の上のほうにかけられていて、入院患者用の病室だとわかった。
そして、数字の記されていないドアのうち、ひとつに、
大きく『関係者以外の立ち入りを禁ずる』と書かれているのを見つけた。
薬品を保管している部屋だと直感して、光一はドアノブに手をかける。
 だが、ノブを回しても戸は開かない。鍵が掛かっているようだ。
――鍵のある場所は。
考えて、光一はすぐに一階に取って返そうとした。
たぶん、診察室の机のどこかにあるはずだ。
急いで階段を駆け降りようとしたそのとき、
階下からガチャガチャッと物を引き倒すような音が聞こえてきた。

 光一は、ぎくりとして足を止めた。
誰かが、来た。
心臓がばくばくと激しく脈打つ。自分がどうしようもなくうろたえているのが分かる。
薬品のことに気を取られて、別の人間が現れた場合のことを想定していなかった。
何者かがここを去るまで、身動きができなくなってしまった。
いや、それよりも、上の階に来られたら‥‥どうすればいいんだ。
 光一はわずかな時間にめまぐるしく思考をめぐらせて、
覚悟を決めると、ナップザックの中から改造拳銃を取り出した。
――これが威嚇になって、相手が遠ざかってくれれば。


252 :スキーリ代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/25 02:05 ID:EjIRF07+
今日はここまでとさせていただきます。
視点が交互なので読みづらいかと思いますが、ご勘弁を。
ちなみに次回でも同じ書き方をしてます。ご了承ください。

昨夜から今朝にかけては、酒は飲んでも飲まれるな、ということを痛感しました‥‥

253 :ななしじゃにー:02/06/25 02:19 ID:6pHBzaCu
お〜乙です。
意外な取り合わせ、この先どうなるか楽しみです。
所で酒に飲まれてヽ(`Д´)ノ と暴れる代打屋さんを
想像してシモタ。スイマセン…。

254 :ななしじゃにー:02/06/25 02:56 ID:SPbk3nj+
乙彼さまです。視点が交互なのは全然問題ないっす。
ほんと、どういう会話になるのか想像つかない組み合わせだ。
でも考えてみたら同い年なんだよね。

飲まれてシマタ代打屋さん萌え(w がんがって。

255 :ななしじゃにー:02/06/25 06:38 ID:tygZSMT9
お、同年対決?個人的に嬉しい取り合わせなんでどうなるか楽しみです

256 :ななしじゃにー:02/06/25 08:36 ID:S1uK6fbM
代打屋さん乙です。
自分もこの組み合わせの展開が楽しみだ。
以外にマターリ気が合ったりしないもんか脳(藁
たまには酒に呑まれるのも良しとしましょう、代打屋さん(藁

257 :ななしじゃにー:02/06/25 16:18 ID:E2Mro1kN
乙彼さまです。
この二人は成人式の頃、あちこちの雑誌で末っ子を交えて3人で
対談してましたね。
なんとなくタイプは似てる気がするんですが。
続きがとても楽しみです。

258 :154@ ◆BRjIUPk6 :02/06/26 03:45 ID:ARvErC7y

 光一は改造拳銃を握り締めたまま、じっと息を殺していたが、
階下から何の物音もしなくなったので、ゆっくりと忍足で階段に近づいた。
こちらが降りて確認するより他、方法は無さそうだ。
足音を立てないように注意しながら、光一は三段ほど階段を下りた。
そして一階の診察室を覗き込もうとしたとき、
突然、階段下の死角から、人影が飛び出してきた。
「!」 それが誰かを確かめるより早く、光一は咄嗟に拳銃を両手で構えた。

 階段の陰で待ち伏せしていた森田は、床板を踏む微かな軋みを聞きつけて、
陰から姿を現すと、階段の上にいる相手の正体を確かめた。
そこに堂本光一の姿を認めたとき、
真っ先に目に飛び込んできたのは、その手の中の拳銃だった。
自分のものより大型のその銃が、いつでも使えるように両手で包まれているのを見て、
森田は反射的に、自分の拳銃を光一に向けて引き金を引いた。



259 :代打屋@ ◆BRjIUPk6 :02/06/26 03:53 ID:ARvErC7y
すんません、チョボチョボ更新になってます

260 :ななしじゃにー:02/06/26 09:03 ID:K0GZwt+D
ひょえードキドキですわ!
この二人はなさそうでありそうなナイス組み合わせですね。

261 :代打屋@ ◆BRjIUPk6 :02/06/27 00:43 ID:AUxrQCCh
げぇっ!! ご、ごめんなさい、昨日のぶん、前半がボコッと抜けてたみたいです!
‥‥こういう場合はどうしたらいいんでしょうか‥‥

262 :焦りすぎ代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/27 00:48 ID:AUxrQCCh
すいません、昨日の分、抜けていた部分を追加して改めてうpさせていただきます。
あぁ、しかもなんか昨夜からコテハンが微妙に間違ってた‥‥(恥

263 :154(改)@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/27 00:52 ID:AUxrQCCh

 カーテンを壁際に押しのけて、診察室にやってきた森田は、
そこにあった診察台を寝床にしてとりあえず一眠りしようと思っていた。
しかし、台の上には大小のガラスの破片が無数に飛び散っていたので、
森田はかけられていた白いシーツを外すと、ばさりと大きく一振りしてガラス片を払った。
ガラスが床に叩きつけられて涼しげな音を立てる。
 シーツを直そうとして、ふと森田は気配を感じて動きを止めた。
誰かが自分の様子を窺っているような、挙動を監視されているような感覚。
言ってしまえば勘だが、森田はゲームが始まってからほとんど勘に頼って行動していた。
だから、今度も自分の生存本能を信じて、
ポケットからジュニアコルトを取り出すと、全神経を集中させて相手の気配を探った。


 光一は改造拳銃を握り締めたまま、じっと息を殺していたが、
階下から何の物音もしなくなったので、ゆっくりと忍足で階段に近づいた。
こちらが降りて確認するより他、方法は無さそうだ。
足音を立てないように注意しながら、光一は三段ほど階段を下りた。
そして一階の診察室を覗き込もうとしたとき、
突然、階段下の死角から、人影が飛び出してきた。
「!」 それが誰かを確かめるより早く、光一は咄嗟に拳銃を両手で構えた。

 階段の陰で待ち伏せしていた森田は、床板を踏む微かな軋みを聞きつけて、
陰から姿を現すと、階段の上にいる相手の正体を確かめた。
そこに堂本光一の姿を認めたとき、
真っ先に目に飛び込んできたのは、その手の中の拳銃だった。
自分のものより大型のその銃が、いつでも使えるように両手で包まれているのを見て、
森田は反射的に、自分の拳銃を光一に向けて引き金を引いた。



264 :155@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/27 01:57 ID:AUxrQCCh

「うわっ!」
 間一髪のところで光一が飛び退き、弾丸は踏み板を貫いただけだった。
光一はそのまま、引き返して二階に戻った。
森田もすぐさま後を追って、階段を駆け上がる。
 これまでの戦いから、相手が自分を狙っているとわかった以上、
そのままにしておくわけにはいかないと森田は思っていた。
殺られる前に、殺らなければ。


 光一は二階に戻ると、階段のすぐ目の前の病室に入った。
うかつに拳銃を手にしたことを悔やんでいた。
威嚇のつもりが逆に森田を煽ってしまった。
それでも光一は冷静になるように自分に言い聞かせると、
ドアのすぐ横の壁に、背中を貼り付けるようにして立ち、
乱暴に階段を駆け上がる森田の足音に耳を澄ませた。
自分の浅はかな行動がきっかけで、こんな状況になってしまったのだから、
森田に応戦することは避けたかった。もちろん、自分も無傷で戻らなくては。

 拳銃を構えた森田が勢いよく部屋に入ってきた。
と、その瞬間に、光一は急いで森田の背後をすり抜けて廊下へ逃げる。
森田は一瞬、部屋の中に光一の姿を探したが、
すぐに自分の後ろを通って脱出したことを悟ると、廊下に出て、
走る光一の後ろ姿に向けて、立て続けに二発、発砲した。

光一は倒れるように床に身を伏せてそれをやり過ごすと、
その体勢のまま転がるようにして、奥の病室へ飛び込んだ。


265 :156@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/27 02:31 ID:AUxrQCCh

 光一は起き上がると、並んだベッドとベッドの間に身を潜めた。
一歩遅れて、森田が病室に入ってくるなり、でたらめに一発発砲する。
弾丸が窓に命中して、派手な音を立ててガラスが崩れた。
「やめろ、ゴウ!!」
 光一は顔だけを覗かせると森田に叫んだ。
反射的に森田がその方向に向かって引き金を引く。
慌てて光一が頭を低くする。弾丸は光一の頭上よりもだいぶ上を通って壁に穴を開けた。
「ゴウ、よせ! 撃つな!」
 もう一度、光一が森田に呼びかける。
「俺はお前と戦いたくない!!」
それを聞いた森田は、一瞬、怪訝な顔をしたが、
鋭い眼で光一を睨みつけると、「今更なに言ってんだよ」と言い返した。
「さっきは悪かった」
 光一は緊張しながら、だが森田が口を利いたことに少し安堵して言った。
「けど殺そうとしたわけじゃない。本当だ。‥‥少し、話さないか」
「話すことなんか何もねぇよ」
 森田がそう言って、突然、銃を握った右手を高く掲げた。
何をするつもりだ、と光一がその右手を見上げたとき、
森田が引き金を引いて、光一の真上の天井に取り付けられていた蛍光灯を撃った。
「!!」
 割れた蛍光灯の破片がふりかかり、光一は両腕で頭をかばった。
その隙に森田が床を蹴ると、光一が隠れているベッドの上に駆け上がった。
光一がそれに気がついたときにはすでに、
森田はベッドの上で仁王立ちして、銃口を光一の頭につきつけていた。


266 :157@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/27 03:33 ID:AUxrQCCh

 二人のあいだに、緊迫した空気が流れる。
銃をつきつけられた光一も、銃を握っている森田も、
強張った表情でおたがいをじっと睨むように見つめていた。
 森田は自分が戸惑っていることに気がついていた。
自分の身を守るために、相手を殺すことに抵抗はない。
しかし、目の前の光一の真意を図りかねていることが、引き金を引くのを躊躇わせた。
そういえば、こいつは何のために、この建物に来たんだろう‥‥
「‥‥どうしても、俺とは話せないか」
 光一が、慎重に口を開いた。
その声で我に返って、森田は気を引き締めた。
「――ああ」
これ以上、時間を置いたら自分はもっと迷うだろう。
すぐに殺そうと思い直した。
 そのとき光一が、はっきりとした口調で早口に言った。
「お前はさっき全部で六発撃った」
 突然のことに、森田は意味がわからずに光一を見た。
「その銃がいくつ弾を入れられるのか、俺はわからない。
だけど、その大きさなら、入れられる数は少ないはずだ」
 森田はぎくりとして、自分の右手の拳銃を見た。
そういえば一度に装填できる弾丸は、光一の指摘通り、
六発までだった―――つまり、今この銃の弾倉は空になっている―――
森田がそこまで思い出したとき、
光一が素早くベルトに仕込んでおいた改造拳銃を抜き取り、
同じように森田の頭に向けて銃口をつきつけた。
「これでドローだ」



267 :落ち着いた?代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/06/27 03:39 ID:AUxrQCCh
以上です。見ればわかると思いますが、書きながら更新でした。
前回の154のミスは本当にすいませんでした‥‥ちゃんと確認せねば。

いつもレスありがとうございます。
この二人の会話部分にはイマイチ自信ないんですが、頑張ります(w

268 :ななしじゃにー:02/06/27 04:33 ID:HY/eUTYk
き、緊張した…。このリアル更新は心臓に悪いな(w
番長の勘と暴発しなかった高位置の銃。生存本能強いのは果たして…ヽ(`Д´)ノ

会話は殺るか殺られるかの瀬戸際では敬語も何もあったもんじゃないかと思われ。
ツッコミはこっちが脳内修正させてもらうのでそれに捕らわれず書いていってホスィかな。
二日…否、○日酔い?の代打屋さんがんがって下さい!(w

269 :ななしじゃにー:02/06/27 08:25 ID:FlqPOyvo
代打屋さん乙彼さんです。
番長、無駄に撃ち過ぎ(藁
そういうとこ、なんか番長っぽいな。
高位置あの状況でよく気付いたよ。
次の更新でどっちかあぼーんなのかな?
う〜ドキドキするよ〜。

270 :ななしじゃにー:02/06/27 10:34 ID:1W/iSCDE
光一カコイイ……担じゃないのに萌え(w

271 :ななしじゃにー:02/06/27 10:56 ID:btxqZ8Zj
やばい…仕事中だってのにおもしろすぎて前スレの最初から読み通しちゃった(汗)
かなりおもしろいです!!
今更ですがそれぞれの個性がちゃんと出てるから
読んでてかなりリアルな感じが…。
代打屋さん、がんがってくだせえ〜!!
ちなみに自担は…残虐なところと優しさが共存してて萌えだわ〜

272 :ななしじゃにー:02/06/27 11:35 ID:Sj9qv16l
代打屋さん、乙です。
バトロワ4作品、それぞれ職人さんの色が出ていて非常に面白いけど、
特に代打屋さんのバトロワは
出演者の個性がきちんと出てるからリアルに感じる。
口調とか仕草も「あぁあの人なら言いそ〜」って感じ。
台詞が本人の声で脳内に流れてきますわ。
自担はとっくの昔に切ない最期を遂げていますので、
マターリしながら更新を待たせて頂きますわ。
代打屋さん、ガンガレー!

273 :ななしじゃにー:02/06/27 11:42 ID:uzovCcNu
鋭い眼で光一を睨みつけると、「今更なに言ってんだよ」と言い返した。

↑絵が思い浮かんで萌えーーー

274 :ななしじゃにー:02/06/27 11:44 ID:uzovCcNu
IDがvCcだ(エヘ

275 :ななしじゃにー:02/06/27 12:40 ID:nFYVQCoE
攻撃しないでドローに持ち込む光一カコ(・∀・)イイ!!
でも仁王立ちの番長にも萌え萌えです(w

276 :ななしじゃにー:02/06/27 12:58 ID:c5pcmlan
私も今回のはカナリ萌えながら読ませてもらいました(w
番長カコイイ!光一も冷静でカコイイ!

277 :ななしじゃにー :02/06/27 13:31 ID:6e+IKpcI
番長(本物)って個性強烈で、どう出てくるか油断がならない(w
ので、小説で動かすのが案外難しいキャラかもと思って見てました。
今回、すごくスピード感があって爽快だったです!
代打屋さんの描く対決シーンとか人間関係すごく萌えますね。
全員のファソになってしまいそうダヨ…

278 :ななしじゃにー:02/06/28 18:36 ID:z432Neig
>>271
自分も最初から読みなおそう!と意気込んでいったら
初代最初のほうで崩れた。
馬鹿馬鹿しすぎるYO!

279 :ななしじゃにー:02/06/30 06:03 ID:PH53Xg+O
最近ここを知ってかなり一気に読ませていただきました。
身悶えするほど(・∀・)イイ!!
代打屋さんマンセー

原作も映画化する前に読みましたが、
面白いけど登場人物覚えるのに時間かかった。
その点ジャニでバトロワは、読み手が名前もある程度の性格も
結構掴んでるから入り込みやすくていいですね。
しかも代打屋さんの書き方が上手い!
この人ならこうしそう、とか、凄くリアル。

続き楽しみにしていますので頑張ってくださいね。

280 :158@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/07/03 00:39 ID:ewraa0ie


「―――どういうつもりだよ」
 一瞬の沈黙の後、森田は口を開いた。
「銃を下ろすんだ」 光一は努めて冷静にそう言った。
それでもまだ森田が硬直していると、光一は自分の方から、
二、三歩後退しながら改造拳銃を握った腕をゆっくりと下ろした。
「‥‥戦いたくないって言っただろ」
 どうやら光一は本気で自分と何か話すつもりらしいと知り、
森田も、不承不承ながらもジュニアコルトをポケットにしまった。
弾倉が空になっている今は、とりあえず光一に従うしかなさそうだ。
それでも森田は、光一に対する警戒は解かなかった。
力の上ではたぶん互角、だが機転の利く相手だ。もう隙は見せられない。
「話すって、何の話」
 ぼそりと言った森田を見て、光一はその首の付け根の傷に気がついた。
よく見てみれば、森田は顔といわず腕といわず、全身痣だらけで、
引っ掻いたような細かい切り傷をたくさん作っていた。
もっとも、自分もまだ腫れの残った顔をしているのだろうが。
しかしその首の傷は、他よりも大きく、深いものらしく、
まだ生々しい傷口から赤い血が滲んでいるようだった。
「ゴウ、お前、その傷どうした?」
 尋ねた声色が予期せず深刻な響きになってしまっていた。
「関係ねーだろ」 森田がすぐさま言い返す。
「いつやられたんだ? 深いのか?」「なんでもねぇよ」
 森田は答えながら、自分が苛立った口調になっていくのに気付いていた。
自分でもなんとなく、感づいていた。
さっきから、血が―――血が、止まらないのだ。
そして森田が気付いていない部分でも、体は頭痛や悪寒など、
異常を知らせる信号を発して、傷口から細菌が進入したことを知らせていた。



281 :自分につっこむ代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/07/03 00:43 ID:ewraa0ie
またしても遅くなってすんません。今日は以上です。
ここんとこまともに更新できたことがないですね‥‥反省します。

皆さん、レスありがとうございます!
アクションシーンもどきが読みづらくないか心配だったんですが、ひと安心しました。
しかし、かなりストーリーが強引になってきました。我ながら。
こんなに潜伏期間の短い細菌がいるかい!と、あらかじめ指摘しておきます。

282 :ななしじゃにー:02/07/03 01:05 ID:BXd0UPh3
細菌に蝕まれる番長、野生ぽくて(・∀・)イイ!!
でも、細菌に負けるな番長!
冷静な光一もカコイイ。二人ともがんがれ!

…!連発で厨房チックなレスになってしまうほど、話に夢中です(w

283 :ななしじゃにー:02/07/03 01:25 ID:U64O+By5
高位置と番長が殺し合うことにならなくて
ホッとしてまつ。

代打屋さん、お忙しいなら無理はなさらずにどうぞ。
気長にお待ちしておりますので。

284 :ななしじゃにー:02/07/03 01:40 ID:ruv4+gCc
代打屋さん乙です!
番長が頭痛いって言ってたのが、ずっと気になってました…
他担ですが辛そうな番長は色気満載だと思うので
もう暫く苦しんでくれるといいなぁ(担の方スマソ)

285 :ななしじゃにー:02/07/03 06:25 ID:OFCdHjgb
代打屋さん乙カレ様です!
読み手がハラハラしたり萌えたり(w できる書き方と人間関係、
さすがだなぁといつも思って読ませていただいてます。
情景が目に浮かぶようです。がんがって下さいね!

286 :ななしじゃにー:02/07/03 12:11 ID:6ihMoK4f
代打屋さん乙です。
>282
細菌に蝕まれる番長が野性っぽくてイイ!ってワロタ。
自分も頭痛が続くのが気になってた。
高位置カコイイ。番長を治療してやってくれ。

287 :ななしじゃにー:02/07/04 04:36 ID:7igfVXmr
番長、敗血症になっちゃうのかな…。
切ないなぁ。
高位置よ、番長を頼むよ…。

288 :159@代打屋 ◆BRjIUPk6 :02/07/05 01:58 ID:4hg/+EEB

「ちょっと待ってろ」
 光一はそう言うと、何か答えようとした森田を置いて
階段を駆け降りて一階に戻ると、診察室を見渡した。
あった。
机のすぐ上の壁に打ち付けられたフックに、キーホルダーが下がっているのを見つけた。
光一はキーホルダーと、何枚かのガーゼや包帯を取って二階に戻ると、
『薬品保管庫』の札がついた鍵を、先程のドアの鍵穴に差し込んだ。

六畳ほどの保管庫は、長い間開けられていなかったのか埃とカビの臭いがした。
ガラス戸のついた棚の中に、透明や褐色のガラス瓶が整然と並べられている。
光一はその中から、「エチルアルコール」とラベルの貼られた瓶を見つけると、
とりあえずそれだけを取って森田の待つ病室に戻った。

 ベッドに腰掛けていた森田は、戻ってきた光一の手の中の瓶に気付くと、
露骨に怪訝な、そしてわずかに不安の混じった表情を浮かべた。
「なに、それ」
「その傷、消毒してないんだろ」
光一がそう言って森田の傷口を見ようとすると、森田は仰け反ってそれを拒否した。
「いいよ、いらねえよ、そんなの」
「放っておいたらどんどん化膿してくんだぞ」
「そんなことお前に関係ねーだろ?!」
 語気を荒げた森田に、光一は「ゴウ」と鋭く呼びかけた。
「お前、こんなとこで死にたいのか」
その言葉に、思わず森田もぐっと黙り込んだ。
それを見て、光一は瓶の蓋をあけると、森田に傷口を見せるように促した。
「多分、かなりしみるから」と前置きすると、アルコールを口に含む。
森田が無意識にぎゅっと目を瞑るのと同時に、光一はアルコールを傷口に噴きつけた。



289 :愛読者:02/07/06 04:11 ID:mwI77Gkc
J@バトロワも4本になって話がごっちゃになってきてる人が私の他にもいるはず。
というわけで集計してみました。間違っていたら直してください。
( )内は第三者として殺害現場を見てしまった場合、負傷中の場合、死亡者の武器が
他の人によって持ち出されていない場合等が書いてあります。仕掛け人:今井 翼

<武器>
松岡昌宏【ブレードナイフ】【二宮の小拳銃】(城島の死亡現場目撃)
櫻井 翔【ボウガン】(二宮の殺害現場目撃)
山口達也【鍋のふた】(二宮の殺害現場目撃)
松本 潤【フォーク】【草薙の刀】
城島 茂(松本により背中負傷)
相葉雅紀【探知機】
堂本 剛【大ハサミ】【東山の花火セット】
錦織一清【サブマシンガン】
井ノ原快彦【スタンガン】(死亡・火災発生の家屋)
岡田准一【手榴弾2個(内1個使用)】(錦織により右肩負傷・井ノ原の殺害現場目撃)
長野 博【ヘアスプレー】【木村のジッポライター】【三宅の柳葉包丁】
    【国分のコルトガバメント】【植草の万能ナイフ】【城島のうちわ(井ノ原)】
堂本光一【改造拳銃】
坂本昌行【山口から譲られた灯台のスコップ】(錦織により左足首負傷)
大野 智【ライフル】【坂本のサバイバルナイフ(大型)】【東山の花火セット】
森田 剛【ジュニアコルト】【中居の手斧】【香取の催涙スプレー(松本に使用)】(松本により首負傷)
稲垣吾郎【バルサン】【灯台の斧】(死亡・灯台の階段下)
国分太一【長瀬の警棒】【灯台の灯油】




290 :愛読者:02/07/06 04:12 ID:mwI77Gkc
<死亡>
滝沢秀明【爆死・首輪】
二宮和也【刺殺・松岡】
草薙 剛【殴殺・松本】
木村拓哉【自殺】
植草克秀【焼殺・長野】
香取慎吾【焼殺・長野】
三宅 健【焼殺・長野】
中居正広【銃殺・森田】
錦織一清【銃殺・大野】
東山紀之【銃殺・錦織】
井ノ原快彦【絞殺+刺殺・松岡】
稲垣吾郎【銃殺・長野】
長瀬智也【刺殺・長野】
城島 茂【爆死・首輪】


291 :ななしじゃにー:02/07/07 00:03 ID:3YNeRn8B
愛読者さん乙です。
しかし改めて見るとすげー博様の殺戮っぷり(藁
次の登場が楽しみだ〜。

292 :ななしじゃにー:02/07/07 02:02 ID:TWuNUldp
愛読者さん、おつ。
今全部渡ってきましたが、死んでいる人が結構みんな似ている気が。
まず、城島は早いっ。

293 :ななしじゃにー:02/07/10 01:42 ID:VBQmr9la
今週の錦ゴイはここの博様を髣髴とさせるコワモテっぷり。
思わず代打屋さんVer.に脳内変換して観てしまいますた。


119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)